« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.21

Ketotifen Fumarate

フマル酸ケトチフェン

顔がかゆい
頭がかゆい
脚や背中がかゆい
腕もかゆい
鼻がかゆくてムズムズする
耳の穴もかゆい
耳たぶがかゆい
耳の端っこがかゆい
ベルトのあたるわき腹のあたりがかゆい
眼鏡があたる鼻の部分がかゆい

...

ということでアレルギー全開のようです。
今朝はザジテンを呑んできました。
これで2日ほどは大丈夫でしょう。

ただ多少眠くはなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.20

膝の故障

昨日、ジョギングをしたのだが左の膝が痛く、途中で走ることが出来なくなり歩いて
しまった。
かな~りショック

自宅からかまくら道経由環状2号線で東戸塚、境木地蔵、保土ヶ谷、松原商店街とき
て、軽井沢の歩道橋の上り下りでズキ~ンと来たわけだ、そこから台の坂の辛いこと
辛いこと。痛いので走れず、歩く。しばらく歩いてちょっと走る。しばらくしてまた
痛みが耐え切れずに歩く。いろいろな歩き方を試したりする。膝の屈伸をしたり、さ
すったり。で、また走り出す。痛い。歩く。...........

これの繰り返しだ。あと10kmもあるのに。

だましだまし、東神奈川、六角橋、岸根交差点、小机と来るが、暑いこともあり自販
機で給水を三回。最後は半分以上歩きで、びっこをひいてのゴールとなった。

先月、高尾山~陣馬山往復ランの時に痛めた膝が再発してしまったようだ。
(いや、それより前の毎日のスクワット100回が悪かったのか)
約1ヶ月シビアな走りは控えてきたのだが...
先週も走らなかったし。
もうしばらくは休むことになりそうだ。

で、走れないときは自転車....となるところだが、自転車も膝を使うのだ。
だから自転車もダメ。

どうすればいいんだよ。

左の膝の外側が痛い。
まだ、よく調べてはいないのだが

 

変形性膝関節症

というと老人っぽい。

 

半月板損傷

というとサッカー選手っぽい
他にも

  膝内側側副靭帯損傷
  前十字靭帯損傷
  後十字靭帯損傷
  タナ障害
  有痛性分裂膝蓋骨
  膝蓋軟骨軟化症
  膝蓋骨脱臼・亜脱臼
  膝離断性骨軟骨炎
  ジャンパー膝
  オスグッド病
  鵞足炎
  腸脛靭帯炎
....
こんなにあるのかぁ。
これから症状を良く観察してどれに該当するか検討してみたい。

しくしく。

| | コメント (1)

不振のライオンたち

今年のライオンズはどうもだめらしい。
5割復帰どうしてもできない。
快走中のロッテ、しぶといホークスの後姿がもう見えません。
それでも今日現在で3位。これ奇跡的。
このままの順位でシリーズが終わったとして、プレーオフでライオンズが「また」
リーグ優勝したりなんかして。

昨年はダイエーホークスにずいぶん離されてはいたが、それでも一応2位だった。

もし、5割行かない3位チームが優勝なんかした日にはプレーオフは先がなくな
るのではないだろうか。

あ~それよりも先にバレンタインや王の監督生命がやばいかも。

来期はインボイスライオンズになるのかなぁ。
栄光の西鉄から太平洋クラブ、クラウンライターと売却の嵐にもまれた時代を思
い出す。
選手や監督・コーチ、その他チーム関係者の気持ちはどんなであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

半島を出たよ

村上龍(自分の中では村上春樹とかぶっているんだよなこれが)の
「半島を出よ」
をいつか読もうと思っているのだが、なかなかタイミングが合わず。
そうそう、春樹のほうの「海辺のカフカ」も読みたいのだった。

で、「半島を出たよ」って誰か書かないかなぁと思ったわけ。
返歌だね。...おもしろいとは思わんか。

...

さてさて、先日ペーパーバックの棚卸をしていたときに見つけたのが
A STRANGER IN THE MIRROR
SIDNY SHELDON

妙に黄ばんでいていかにも古いのだが、読んだ記憶が無いような...
で過去の履歴を見たら、読んでないじゃん。
最初のほうを読んでみてもちっとも記憶に引っかからないはずだ。
積本発見だぁー!
STEPHEN HUNTER のばりばりの教養語彙に押されまくって苦労したあ
とだけに、ちょっと休憩を兼ねてこれを読むことに決定。

PENIS小さい男やら、でかい男やらいきなり出てきて、もう掴みは
満点。
本当にさすがだと思う。
こういうお手軽な小説を書くやつらをPAPERBACK-WRITERとか言って、
蔑む傾向もあったようだが、分からんでもないが、自分にとってはあ
りがたい小説家である。

今年に入ってから9作目だが、そのうち7冊目のペーパーバックだ。
本日読み始め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.16

HAVANA

Havana
Stephen Hunter
U.S. $7.99
ISBN: 0743457978
470pages

IMGP9505

読み終わった。約ひと月かかった。5/17-6/16。
アールスワガーものだ。(分かる人にしかわからない)
キューバが社会主義化する前夜のカストロを巡る米ソの暗闘。
ちょっとウィキペディアから引用しよう。

  独立闘争は1868年に始まり、1898年のスペイン・アメリカ戦争(米西戦争)
  による米国の介入まで続いた。米国の勝利より1902年5月20日、400年に及ぶ
  スペイン支配から解放され、形式的ではあれ独立を勝ち取ったが、それは同
  時に米国による支配の始まりでもあった。この年、キューバ国憲法に盛り込
  まれたプラット修正条項(Platt Amendment)には、米国の内政干渉権、グ
  ァンタナモ、バイア・オンダの二箇所に米国の軍事基地を置くなどが盛り込
  まれ、実質的には米国の統治下におかれた。

  米国の支配は、フルヘンシオ・バティスタ(Fulgencio Batista)の登場で頂
  点に達した。1933年からキューバ政治の主役を演じてきたバティスタは、1952
  年にクーデタで政権を奪取し独裁政治を開始。バティスタ政権・米国政府・
  米国企業・マフィアという4者によって富を独占、富は米国本土に流れるよう
  になる

  1953年7月26日、上記のようなアメリカによる半植民地状態の克服を夢見た弁
  護士フィデル・カストロ(Fidel Castro Ruz)率いる青年たちが蜂起(モン
  カダ兵営襲撃)し、失敗に終わった。投獄されたカストロは、恩赦によって
  出獄すると反政府組織「7月26日運動(M26)」を結成、同志とともにメキ
  シコに亡命した。

...と、この時期のキューバが舞台で、まさにモンカダ兵舎襲撃の前後のこ
とだ。
そこにいわゆる兵として送り込まれたスワガーの卓越した戦略・戦術眼が
ロシア(正確にはソ連だが)のそれと対峙する。
カストロ+ロシアの諜報員を狙撃するシーンはすばらしい。
最後までドンデン返しがあり、さすがのページターナーぶり。
男の闘い。銃おたく。どこまでもタフな男のあり方。

...!
そうだ、このスワガーシリーズ、アレに似ているぞ。

そう、北斗の拳と蒼天の拳だ。
アールスワガーが拳志郎。(蒼天の拳)
その息子ボブリースワガーが次代ケンシロウ。(北斗の拳)
今回のハバナは拳志郎の戦いだ。
...違うかな?

さて、正直、この本すっごく読みづらかった。
第一、語彙が半端じゃない。
また文体もシンプルじゃなく、倒置が多発して、わけが分からないところだらけ。
ちょっとシドニーシェルダンとはわけが違うぞ。

というわけで初心者にはお勧めできない。(うわぁ。偉そうに!>自分)
そういう方には

ハバナの男たち(上下)
扶桑社ミステリ文庫 
ISBN: 459404753X
ISBN: 4594047548
をお勧めしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天敵脱走!

あれほど期待して導入したのに....
アブラムシの天敵テントウムシ脱走してしまっていた!
インターポットの親爺が金魚鉢を割って脱走しているのを発見したときのような
(分かるかなぁ...)
激しい脱力感にひたったぞ。_| ̄|○(これ作るの苦労した)残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

陣ケ下渓谷公園のシロダモ

日曜日、保土ヶ谷区にある陣ケ下渓谷公園に行ってきた。マウンテンバイクで。

りっぱな森になっていてかなりの広さだ。

今回覚えたのはシロダモ

クスノキに似た三分裂の葉脈。クスノキよりはだいぶ大きな葉。

特徴は裏。細かい毛があるのかすごく手触りが良く白い。なんか上質の手袋かなにかのようだ。

図鑑を見たら寸分たがわぬ写真があり、あまりにそっくりなので驚いた。今も記念に図鑑のそのページにはさんでいる。

幼木が多かったので低木かと思ったが育つと高木になるらしい。

IMGP0051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七色の虹が

土曜日の夕方、すばらしい虹を見た
西方向からの太陽光に対して南東方向に大きく、しかも二重の虹が!
ものすごく鮮やかだったのでを呼んで見せたほどだ。
娘もケータイのデジカメでしきりに撮影していた
この虹、大きいので画角に入りきらなかった
いいものを見たぞ。

IMGP9955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

スパムメールのタイトル

迷惑なメールが後を絶たない。タイトルだけ見て無視して捨てているが、なんとかならんものか。
ま、しかし迷惑電話よりはまだマシかとも思う。

で、たまったゴミ箱を眺めていると、タイトルにある程度の分類が出来そうだということに気づき、ちょっとやってみたわけだ。

※注意
タイトルを切り取ってくるのが面倒なのでパソコン通信のメニューから取ってきたので途中で切れている。

でわ...

【英語系】いったいどこから送ってくるものやら...
Do you know how to reduce spending on taablets legitimately?
It is time to discover our lovv prices o
Reduction in high blood pressure

【文字化け系】ま、これも騙しの一変種ともいえるが
犒ゥオトN フDォネq 潸EE
犁・栂鳴・q狹EE
ZPAЮg蟹o畠痳_父23:14:00
=?GB2312?B?gZ+DfYN+gsyT+o/tgvCM9opKgZ+Bn
臼少籾般天・ゥ@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
=?GB2312?B?grGC6oFC?=

【騙し系】いろいろと工夫のあとは多少感じるが...
質問がありました
クーポンコード発行させていただきました《
フリーの仕事が合わず仕事量も減ってきて…
警報!!
深夜の隠れ交際。【報酬詳細提示】
〓昨日に続き…貴方に決まりました!無料で
◆新規不倫奥様回転率№1!そして…意外に
【即会い女性大集合】貴方の望みはここにあ
ドキドキの初出会いはもう体感しま
ご返信有難う御座います♪
毎度ご利用ありがとうございます。
全員が【人妻】既婚女性出会いサークルのご
大人の方へ
礼金3万以上確約の女性紹介が決定しました
お分かりになりますでしょうか?藁科美智子
おめでとうございます【6/10送信】
秘密を教えます。
激アツ!!ちえみさん・まゆみさん他数十名
いま大丈夫ですか?

.....
そして最後に...

【もろ系】
ある意味いさぎよいが...
出会いよりHな事をお考えの貴方。
お小遣い欲しい?それともセック○?
★∝∝∝∝☆お仕事帰りに密会★∽∽∽∽∽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ららぽーと横浜

家から鶴見川をはさんで北側のNECの跡地にららぽーとが計画されている。
ららぽーとはひらがならしい。
まだNECの建物はそのままだが、そろそろ解体工事が始まる計画だ。

しかし、店舗面積2万5千坪というとそごうを抜いて横浜で一番広いものだ。
鴨居はいったいどうなってしまうのだろうか?

三井不動産

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農民日記 天敵導入

農民日記 6/12

IMGP9846

今シーズンベランダで育てているのが
ピーマン2鉢
シシトウ1鉢
シソ2鉢
その他(アボカド、ネギなど)

である。
これまでピーマンについてはピーマン1号から3個収穫。2号からは1個収穫だったが、6/11(土)に2個目3個目を収穫し、ともに3個ずつとなった。
サイズはたて4cmぐらいの小ぶりなものだ。これまでのピーマンは全部そのサイズ。

IMGP9510

 

 

 

 

 

 

 

さて、今シーズンは各地でアブラムシが大発生しているというニュースをどこかで読んだ。うちでもそうだ。これまで数度に渡り捕殺を敢行しているが根絶には至らない。
そこで天敵の導入だ。先月シソに導入したテントウムシは強風の日に旅立たれてしまった。土曜日、近所の公園で樹木の勉強をしているときにシラカシの葉の裏に蛹状態のテントウムシを発見したので早速葉ごと頂いてきて、ベランダで羽化を待った。
翌日見てみると、なんだか生気が無い。目を近づけてよおく観察したところ、なんともう羽化してしまっていて、いわゆる「もぬけの殻」となっていた。あ~テントウムシよ。いまいずこ。しかたない。また見つけてこよう。

すっかり諦めていたのだが、午後再度見てみた時に鉢の縁に黒い虫を発見。おお、テントウムシではないか。羽化して休んでいたのだな。嬉しくてさっそく、割り箸を近づけてホレホレと軽くつつき、割り箸に登らせた。そのままピーマン2号の枝に止まらせることに成功。

しばらく観察してみた。

IMGP9964

テントウムシは黒いこうらに赤い点が二つある。つやつやして美しい甲だ。こいつはピーマンの葉を表側を歩き、先端まで行ったら縁に沿って戻ってくる。次に葉の裏に回り、また先端まで行く。葉の縁に沿って戻ってくる。その葉の検索が終わると葉柄を伝わって茎にに戻り下の別の葉の検索に取り掛かるというわけだ。こうして、ひとしきりアブラムシを検索しては休むという行動パターンだ。風に飛ばされないように葉の裏などにしっかりつかまってやすんでいる。アブラムシは別の葉に居るのに。もどかしく見守っていたが、干渉するのはやめて見守ることにした。

時間を空けてまた観察してみると、やはり同じような行動をしていた。ただ、アブラムシの近くに行っても捕食はしてないようだった。おい。食えよ!そのアブラムシはお前のものなんだよ!俺の目の前で食べて見せてくれ。このピーマン2号と隣のピーマン1号とそのまた隣のシシトウも全部お前の領土なんだよ。俺がアブラムシを捕殺しなくても良いように、せっせと食べておくれ。ただ、全部食べて仕舞うとエサがなくなってしまうので適当に残しながらつまりアブラムシを絶滅させない程度に食べ続けてくれ。

翌日見たら、まだ居たので、どこかへ旅立つ気はないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

ラン日記 新治市民の森

新治と書いてニイハルと読む。
横浜市の北部にある結構な広さの森である。

自宅から約5km。鶴見川沿いに走り、中山駅西側で横浜線をわたる。
天気がいい。リュック無しで走るのはなんだが久しぶりのような気がする。
背中がすかすかして軽い感じ。
ただ、気温がやや高いせいか心拍数はやや高め。
すぐに背中が汗だらだらになる。
今日のTシャツは白の長袖のメッシュ。風通しは抜群。

三保団地入り口の交差点から左折する。道路の右側の歩道は一軒ごとに出入り口のためにか上下があり走りにくいので左側を通る。

ほどなく新治小学校が見える。回り込むようにして山に入ってゆく。鎌立谷戸を通り、池ぶち広場に入る。炭焼き小屋らしき小屋がある。野外テーブルで親子がおにぎりタイムだった。山道に戻ると急な坂道が続く、ゼイゼイいいながらがんばって登る。人を追い越すときだけゼイゼイを我慢してゆく。この心理はいったいなんだ。
上りきるとみはらし広場。水場で給水。帽子を水でぐしゃぐしゃにする。Tシャツの両腕も水をたらす。駐車場には車が数台。休憩中の散歩人も数組いた。

尾根道を走る。この公園の道は狭い。スギ林の中のスギを切らずに木の間を縫うように道が設定されている。根が張り出しているので転ばないように慎重に走る。昨日の雨で地面が濡れており、転ぶ要素は大。帽子からしたる水が心地よい。

途中何人かとすれ違う。鎌立の奥から左折して下に降りる。中高年の夫婦連れが居て、駐車場までどのくらいかと聞かれる。うん~~~。逆に戻ったほうが近いんじゃないでしょうかといったら、奥さんが「やっぱりそうじゃない!」と夫を振り返る。ちょっともめていたのかもしれない。両腕が冷んやりして気持ちよいぞ。

常見谷戸を過ぎ左折してふたたび池ぶち広場に戻る。再度坂を上り今度は丸山から右折して油窪方面へ。途中おじいさんとすれ違う。特に必要も無かったのだが、親切にもおじいさん、道を教えてくれた。5分先に十字路があるので右に行くと新治小学校方面です。はいはい、わざわざありがとうございました。ぜんぜん迷って無いんですけどね。ぜんぜん迷ってなんかいなかったんですけどね。
竹林になる。思ったより整備されている。地面が竹の葉で覆われていて白い。

ずんずん降りると今度はクマザサ群落になる。山から出るとクヌギの木。そして小学校。ここで約1時間。

帰りは梅田川沿いの小道を通る。子どもたちがわいわい遊んでいたりなかなか良いせせらぎだ。子どもはこういう場所が必要だよな。

バス通りに出ると右折して中山方面へ。後ろを振り返ると、数人のランナーが走ってくる。おっと、若そうなので神奈川大学の選手か?と一瞬思う。そうならあっという間に追い越されるだろう。

三保団地入り口の信号が赤だったので道を渡り左側を走る。緑警察署、区役所、マルエツ、宮下交差点、ダイクマ、白山ハイテクパークを通ってゴール。

どうも、目に入る樹木が気になってしようが無い。ハイテクパークの街路樹はカツラだ。分かるのはいいが、分からないのは宿題が増えるようで気が重くなる。
アジサイがだいぶ大きくなっていてそろそろ咲き始めそうだ。

後半は後ろのランナーが気になってペースが速くなってしまった。

距離    14kmぐらい
タイム  1:20’28”(ロスタイムは合計3分ぐらいか)
心拍数  平均153 最大181 平均ピッチ166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

植樹祭というものに参加してみる

先日、書店でふと目にとまった本が「日本一多くの木を植えた男」。6月6日からこの植物生態学者の唱える「いのちの森をつくりましょう」という番組がNHK教育テレビで連載放送される。ちょうど、いいタイミングで植樹祭があるというのでわざわざ参加してみた。植樹祭って、なんかちょっとそそるものがありませんか?

◇◇◇◇◇◇◇

開会式直前。近所の町内会の子供連れのみなさんがめだってました。写真中央のいかにも場違いなスーツ姿(しかも取材用らしきカメラつき)は後援のM新聞の若い記者であろうか。場所は川崎市の臨海部の某工場敷地。東西南北どちらも他の工場です。つまり京浜工業地帯のど真ん中。え~、普通こんな場所に一般人が来ることは無いと思います。キッパリ。自分は自宅からMTBを飛ばして駆けつけました。思ったより遠く1時間以上かかりました。

IMGP9648



飲み物とパンが用意されており(なかなか心遣いが感じられた)好きなものを選んで食べながら(かけらをぼろぼろと青いシートにこぼしながら)12時半を待ちます。メロンパンがでかくて美味しかった。

さて、開会式が始まりました。この方は花澤さん。環境国際総合機構(早口言葉みたいですが)の理事長かつこの工場の社長らしい。挨拶がちょっと長かったりするのはお約束ということでしょうか。悪役商会(だったか?)の某に似たいい男。

IMGP9650



続いて川崎市長の阿部孝夫さん。宮脇先生には川崎市で100万本植えるよう言われているが、ま~せめて10万本は植えたいと、値切っておられた。(ちょっと失笑が...拍手も...)現実的(実行可能な)目標というやつでしょうか。政治家も最近はマニフェストの時代ですからね。

IMGP9651



そして本日の主役である宮脇先生が登場。一段と大きな拍手。この人が3000万本の木を植えたらしい。命の森をこれから皆さんの手で植えてくださいと激励。大きなつばの麦藁帽子と長靴がトレードマーク。

IMGP9653



まずは苗の種類の説明から。高木と低木、種類はなるべく混ぜる混ぜる混ぜる。引っ張り出された阿部市長はシラカシ、シラカシ、シラカシと3回まわってワン唱えて覚えさせられて多少困惑気味。(先ほどの100万本を10万本にけちった負い目もあるのでしょうか)表情がナイス!
重要なことは3度くりかえすのがお好きのようです。宮脇先生。

IMGP9656



今回用意された苗は、高木になるもの低木になるもの、また見た目の良いものなど取り混ぜて49種類にもなるという。その主なものを展示していた。アラカシ、アカガシ、シラカシ、コブシ、スダジイ、タブノキ、ユズリハ、ネズミモチ、シロダモ、サカキ、サンゴジュ、カクレミノ、イロハモミジ。聞いた事のある木もあり、聞いた事の無い木もある。一番左のイロハモミジは小さいながらモミジだとわかったが、ほかは識別できません。

IMGP9643



苗を植えたらわらをこうやってかぶせ、縄をこうやって張り、しっかりとこしらえます。という説明。外国人レポーターも取材に必死。CNNだろうか。いや、そんなわけはない。炎天下、参加者はごらんのようにみな頭タオル状態。暑いです。天気予報外れすぎ。
あ、あの麦藁帽子が欲しい。

IMGP9657

じゃ~ん。これがGグループに割り当てられた低木樹たちの苗。50本ほどある。アオキとツツジぐらいしかわかりません。前後するが、市民ボランティアは受付で記帳すると小さな札をもらう。お札(サツ)ではない。フダだ。自分はG-25だった。G-30なら横浜だがここは川崎だからなぁとかくだらんことをちらっと思った。(ちなみにじーさんじゅうと読み、ゴミを30%減らしましょうというスローガンである)

IMGP9658



そしてこちらが高木の苗。先ほど説明を受けましたがどれがどれだかすでにわかりません。というか、最初から見分ける方法を教わっていませんから(残念!)が、とにかくシイとタブとカシが入っているはず。低木と同じく50本ほど。あわせて約100本を植えます。

IMGP9659



そして、この細長い土地がGグループに与えられた土地。やたらと細長い。幅1メートル長さ10メートルぐらいでしょうか。見てわかるようにこの工場を取り囲むフェンス沿い。工場をぐるっと取り囲むように命の森を作ろうという意図ですな。土を良く見れば石ころだらけなのがわかります。また、周囲に竹が打ち込まれていて、縄がすでに取り付けられております。準備が大変だったろうなぁ。

IMGP9660



作業を説明します。まず、ポット苗の土の部分を大きなバケツの水に一度じゃぶっとつけ植える場所まで運びます。この作業は工場の従業員さんと思しき方の担当です。この方たちは本日は出勤扱いなのでしょうか?それともボランティアということで出勤にはカウントされていないのでしょうか?そういうところがちょっと気になったりします。市民ボランティアはもっぱら植えるほうです。事前に用意された軍手(ゴムいぼつき)をはめ、同じく用意された園芸用のスコップで適当な場所に苗にあわせた大きさの穴を掘ります。大きな穴ではないのですが、土の中に結構石ころが混ざっていて(こんな土でいいのか?)それほど容易ではありません。穴ができたら苗をポットから出します。根がポットの下の穴からはみ出して広がっていたりしてなかなか出てくれないものがあります。赤ちゃんを扱うようにそっとだすようにという宮脇先生からのお達しがありましたが、難しいものもあります。

出した苗は垂直方向や苗の向きに注意して埋め、土をかけてしっかりおさえます。基本的にこれの繰り返しです。はじめは高木は土地の中ほどに、低木は外側にとか考えていましたが、次々に運び込まれる苗がどんどんたまり、あれこれ考えている暇はまったくありません。次から次に穴を掘っては苗を植える。
掘る。植える。
掘る。植える。
掘る。植える。
掘る。植える。
...
もう、まるで無限ループです。
だんだん、穴を掘る場所がなくなってきます。こんなに近づけて植えてもいいのか?Gグループの土地全体を見渡し、密度の低いところに移動しては苗を植え続けます。しゃがんでの作業なので腰も痛みます。

★本当は作業の途中で苗を水につけるところとか、ポットから出すところとか、苗を置くところとか、土をかけるところなどを撮影しようと思っておりましたが、泥まみれの軍手でデジカメを操作するのは避けたいし、またそんな余裕もありませんでしたので、いきなり植え終わりのシーンになりました。

IMGP9662

 
 

この間、約30分ぐらいだったでしょうか。苗を植え終わると地面と苗の保護のためにわらを敷き、最後にわらが飛ばないように縄でおさえます。なわはあらかじめ両側に打ち込まれていた竹の杭に結びます。「なわ」を「竹」に「結わえる」(ゆわえると読みますよ)というのはなかなかありえない経験ではないでしょうか。わらのなんともいい香りに包まれての作業でした。

IMGP9664



これがGグループ作業後の状況です。苗の密度にかなりむらがあるようですが...作業の結果が非常にわかりやすく、達成感もひとしおです。あ~やれやれ。

IMGP9668



ついでに、これは別のグループが植えた場所。ま、似たような状況です。

IMGP9673



作業後の手洗い場もちゃんと用意されていた。(レンタルと書いてあった。)もちろん石鹸つき、しかも石鹸をぶら下げている袋のおかげでやたらと泡立ちが良かった。爪に入った土を丁寧に落としました。

IMGP9678

   

さて作業後、テントでは宮脇先生の本「あすを植える」の販売をやっており、著者からのサイン付きというので購入してみた。サインをしてくれているところ。見ればわかるか。このあと握手していただいた。3000万本の木を植えたにしては(ま、植えたのはボランティアたちがほとんどであろうが)華奢にさえ感じるような柔らかなお手であった。世界の土をいじくってきたごつごつのたくましい手を予想していたのだが、まったく意外だった。来年ここでまたきっとやるであろう育樹祭(植えてから3年ぐらいは雑草を取るなどの手間がかかるため、植えた翌年にまた管理作業の祭りをやるわけだ)にもきっと参加します!-などという鬼も笑うようなことを宮脇先生に言ってしまった。握手しながら。

IMGP9674

 

以上、無事に植樹祭を終えることができました。ふだんやらない作業をして足腰が多少つかれましたが、やはり成果がまるまる目に見えるとうれしいものです。自分が植えた約20本の苗たちには(ほかの人の分ももちろんですが立派に育って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

46冊の行方

ペーパーバック

ここ数年でペーパーバックをたくさん読んできて、かなりたまっている。今回、娘の
高校で文化祭の古本市に提供する古本を集めているということを知りまとめて提
供することにした。
で、ちょうどいいのでこれまでに読んだものをまとめてみることにした。過去の記録
をつぎはぎすると以下のようになった。上が新しいもので、下のほうが古いものだ。
ブックオフに一冊10円で(泣く泣く)売ったもの、良く見てみたらまだ読んでいな
いもの
など発見され、娘には約20冊提供した。満員電車だが三度に分けてがんばっ
て持って行ってくれた。謝謝。
これでだいぶ場所が空いた。めでたしめでたし。

★古本市で売れなかったので引き取ってくださいといわれたら困るんだけど。そんな
ことしないよね>神奈川県立某高校図書委員会。

作者別に分類してみるのもおもしろそうだ。

購入先はスカイソフト2割、アマゾンコム7割、本屋1割ぐらいだろう。

HAVANA
THE SANDS OF TIME
AVENGER
THE FIVE PEOPLE YOU MEET IN HEAVEN
DA VINCI CODE
THE VANISHED MAN
THE TEETH OF THE TIGER
IF TOMORROW COMES
HIGH FIVE
ANGELS&DEMONS
DECEPTION POINT
DIGITAL FORTRESS
SPEAKS THE NIGHTBIRD
GONE SOUTH
MASTER OF THE GAME
TIMELINE
BOY'S LIFE
THE SUMMONS
LITTLE HOUSE IN THE BIG WOODS
TELL NO ONE
THE PAINTED HOUSE
THE OTHER SIDE OF MIDNIGHT
Run
LEAP of FAITH
SHALLOW GRAVES
POP.1280
THE BRETHREN
TRUE CRIME
THE EMPTY CHAIR
THE SKY IS FALLING
ONE FOR THE MONEY
Alice's Adventures in Wonderland
BIG TROUBLE
THE BONE COLLECTOR
CONSPIRACY IN DEATH
THE SCULPTRESS
FORREST GUMP
CHATHAM SCOOL AFFAIR
DON'T MONKEY WITH MURDER
THE FOURTH PROTOCOL
THE ELEVENTH COMMANDMENT
THE STREET LAWYER
NOT A PENNY MORE,NOT A PENNY LESS
TIME TO HUNT
THE PARTNER
FLOWERS FOR ALGERNON

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

ペンギンとアリクイ

ペンギンとアリクイが並んでいるところを見たかった
ありえない組合せだからな。
あんなに探し回っていたのに、隣にいたとはね

>  74   06/02 13:15 アリクイ逃げ出し大捜索 池袋の水族館20時間後発見
>
>  1日正午ごろ、東京都豊島区東池袋のサンシャイン国際水族館で、
> 小動物の放し飼い小屋からミナミコアリクイ1頭が逃げ出したのに
> 飼育担当者が気付いた。スタッフら約70人で館内を捜す騒ぎとな
> ったが、2日午前8時半ごろ、約2メートル離れたペンギンビーチ
> で約60羽のペンギンに交じって人工岩の上にいるのが見つかった。
>  逃げたのは南米パラグアイから輸入された体長約50センチ、体
> 重約4キロの「タエ」。
>  スタッフが清掃作業した際、鍵をかけ忘れ、自力で戸を開けて逃
> げたらしい。おとなしい性質で人に危害を加えたことはないため、
> 営業は通常通り続けたという。
>  ミナミコアリクイは全国に9頭しかおらず、うち4頭が同水族館
> にいる。水族館側は「狭いところに潜り込む習性があるのでなかな
> か見つからなかった」と話していた。          (了)
>         20050602 131006
> [2005-06-02-13:15]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »