« 海辺のカフカ | トップページ | 植樹祭第二号 »

2005.07.11

寺家ふるさとの森はコナラだらけ

日曜日(7/10)の午後、マウンテンバイクで寺家ふるさとの村の森まで行った。
暑いので走るのを諦めたのだ。そのかわりに自転車で片道8kmぐらい。鶴見川沿
い。

この森はコナラだらけであった。根本を見ると萌芽更新したものが散見された。
秋には相当の量のドングリが取れるだろう。
これまでコナラとクヌギの見分けがややあやふやだったのだが、これだけコナラ
がたくさんあると、コナラは分かるようになる。
コナラの樹皮の写真をたくさん撮った。

IMGP0787 IMGP0813IMGP0817IMGP0826IMGP0828

途中、橋の上でヒイラギを発見。ヒイラギモクセイではなくヒイラギだった。
鋸歯の数が6個以内ならヒイラギ、それ以上だとヒイラギモクセイとかいう断片的
な知識が溜まって来ているのだが、それが現地でパッとひらめくと、自分でもこん
な嬉しいことはない。

IMGP0789

★だんだん、樹木が分かってきたぞ。
ま、初心者はこういう経験をどんどん積んでいくべし!なのだな。

バイク用のパッド付きの短パンなので蚊に食われないように慎重に森の中をあちこ
ち散策し、デジカメしていった。
熊野神社にモミの大木が三本ほどあった。が、大木って撮影できないんだ。葉をマ
クロ撮影できないと後で使えないから。

IMGP0852 IMGP9566(注:右の写真は四季の森公園でのもの)
カエルがゲコゲコと鳴き、セミも鳴く。...あ~これはもう夏なんだ!と気づく。そういえ
ばこの夏の感じ、小さな娘を連れて田舎に帰ったときの懐かしい感じだ。もう何年も
帰ってない。あ~。親不孝。

帰りがけ四季の家というレストラン?にクヌギを発見。本日はじめて。特徴的な葉
の形。コナラを見てコナラを見てコナラを見て......で、最後にクヌギを見れば、これはコナラじゃない。クヌギだってのが分かるわけだ。

IMGP0874 IMGP0875

さらに鶴見川サイクリングロードの途中で川和あたりでクリを発見。畑に植えてあ
るやつだが。葉がでかいねぇ。実もでき始めていた。

IMGP0894 IMGP0895

サイクリングロードは脇の草が繁茂していて通りづらい箇所があちこちに。草刈り
してくれんかねぇ。

豚小屋の近くの大木は良く見たらケヤキだった。

|

« 海辺のカフカ | トップページ | 植樹祭第二号 »

サイクリング」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513/4925338

この記事へのトラックバック一覧です: 寺家ふるさとの森はコナラだらけ:

« 海辺のカフカ | トップページ | 植樹祭第二号 »