« 今年のセミはヘン? | トップページ | 自然観察ラン »

2005.08.02

カシワ

最近、暑いので走ることが少なくなり、楽してママチャリで樹木観察を兼ねてのお散歩というのが多いパターン。先日は鶴見川の土手をゆらゆらと散歩してきた。土手の河原側には基本的には樹木は無いのだが、例外的に見つけたのはヤマウルシ(たぶん)。たぶんというのは、草ぼうぼうの河原に下りていって蚊に刺されながら樹皮やら葉のクローズアップ撮影をしようというガッツが出なかったからである。土手の上から光学3倍ズームで目いっぱいアップし、しかし合焦しない。ズーズーズー、ピピピ!再度良さげなポイントにあわせて半押しすると、ズーズーズー、ピピピ!何度やっても望遠での合焦が得られない。使えんデジカメつくりやがって!>P社め。呪いの呟きを何度もはきながらヤマウルシは紅葉してから長ズボンで再度撮影に来ようと、思った。川の左岸に移りエノキの実がなっているのをみつけたり、ムクノキをじっくり観察したりする。

IMGP1613 (宇宙人に見えませんか?)

ふと、土手の外側の家の庭を見ると宇宙人のようなすがたの色の濃い、葉の異様にでかい樹木を発見!おお、ライファーだ。自転車を反転し土手を降りる。30cmを越す大きな葉。まるまるっとした鋸歯。これはカシワだろう。前回ミズナラを発見したときにカシワとの区別を勉強した。ミズナラは鋸葉が尖り、葉柄がほとんど無いくらい短い。カシワの羽は25cmぐらい大きく鋸歯が尖らずに丸い。丸いのに鋸歯という。持参の図鑑で確認する。

人様のお庭なので多少気にしつつ観察してみると、ドングリは見つからなかった。また葉を一枚失敬するのもやめといた。しかし、ごっつい葉だ。柏餅の葉はこんなんじゃないんだけどな。

IMGP1614
追記:枝先の中央にあるごちゃごちゃっとしたのがドングリになるらしい。秋が楽しみだ。

|

« 今年のセミはヘン? | トップページ | 自然観察ラン »

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513/5283384

この記事へのトラックバック一覧です: カシワ:

« 今年のセミはヘン? | トップページ | 自然観察ラン »