« デンドロクロノロジー | トップページ | 夕立を走る »

2005.09.12

理よりも情なのか

今回の総選挙はそもそもの始まりから驚き・異例だったが、結果までもがびっくり仰天
・大仰天
だった。直前予想で自民の大躍進が報道され、その揺り戻し効果が民主有利に働くかと思われたが、なんのなんのその予想すら上回る自民の大勝利となった。

に訴え、シンプルに民衆の心を掴んだ小泉首相の完勝だった言えよう。民主党そもそも政権交代可能な二大政党であることの実証が不十分であった。その上で情への訴求にいたらなかった。また、自分が思うに民主への逆風は大陸からも吹いた。中国・韓国が民主党に期待をかけているという報道だ。

中国・韓国が勝手に問題化している首相の靖国神社参拝だが、小泉首相には粛々と参拝してもらいたい。ただ、より大きな目的のためのカードとするのはかまわないと思う。つまり、常任理事国入りへの反対とのバーターだ。向こうが勝手にでっち上げた問題を逆手にとってやればいい。靖国参拝を自粛したら反対を止めてくれますか?>中韓さん。まぁ、まさか反対を取りやめるわけないよね。ならしかたないですね。この話は無かったということで。

とにかく冷静に考えれば【つっこみどころ満載】の小泉首相だったが、【情】に訴えて勝ったわけだ。こういうものか。

|

« デンドロクロノロジー | トップページ | 夕立を走る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513/5904906

この記事へのトラックバック一覧です: 理よりも情なのか:

« デンドロクロノロジー | トップページ | 夕立を走る »