« 道志水源林ボランティア第三弾 | トップページ | 不正投票 »

2005.09.08

絶叫の一夜

昨晩はスポーツ観戦で疲れた

なんと言ってもまずサッカー日本代表versusホンジュラス代表
開始早々にいきなり先制される。なんだこの鮮やかな失点は!もうこの時点で怒り心頭。風呂に入って、2-1となっていることを願ってあがってくると、1-2じゃん。まぁまぁ、雰囲気も良さげ。高原が久々の得点かぁ。前半のうちに同点にしてくれ!と思っていたら、ヒデが痛恨のミスであっさり失点。1-3。あぁ、なんということか!もう呼ぶな。ヒデなんか。ワールドカップには出すな。とかまたまた怒り心頭。失意のまま前半を終える。

後半に入っていきなり柳沢のヘディングで得点。いいぞ。2-3。さぁ同点にしろ!と思ったら、またまたすぐに失点。2-4。1点めと同じパターンでやられるなよ。ベラスケスはハットトリック。まったく4バックのザルめ。しかし、だんだん相手がへばってきている。その後すぐにPKで得点。3-4。雰囲気が出てきた。5-4で勝てよと祈る。すると、柳沢のミドルシュートがゴールとなり4-4、ついに同点だ。さらに交替で入った小笠原サントスからの絶妙のアシストで見事なゴール!で5-4と逆転。相手はもうへばっていた。セルジオ越後が最後のあたりで、もう勝ったような楽観的なことをぬかしていたが、笛を聞くまではそんなこと言うな。最後まで言うな。祈りつつ笛を聞いて、やっとほっとする。Wカップ出場を最初に決めた国の意地を見せた感じだな。反省点は多いが、やはり少しは強くなっているんだと思うわ。しかし、ホンジュラスってどこにある?このあたりだって。

この失望と感激の嵐の2時間で自分は手をたたきすぎて左手人差し指の第二関節辺りの血管が切れてしまい、内出血の目にあってしまった。パルスグラフの指サックできつめに押さえておいた。こういう内出血の鈍痛って痛いんだよね。

ふ~。

で、チャンネルを変えてみたらなんと格闘技やっているいではないか。前回ケガで見られなかったKID徳郁が出るではないか!
薄いグローブ。一発のパンチが入れば確実にダウンだ。一瞬の隙で勝負が決まる立ち技と、ねちねちした寝技の応酬の両方が楽しめる総合は好きだ。特にミドル級のかみそりのようなスピード感はたまらない。ふにゃふにゃ系なのに強い須藤元気。天才肌の宇野。ニシキヘビ一家のホイラー。ガチンコ系の高谷。そして、われらがヒーローKID徳郁
いずれの試合もスリリングで白熱したいい試合だった。堪能した。KIDのパンチはやはりすごい。

とにかく興奮した夜だった。絶叫した。疲れた。娘たちは前期の期末試験だというのに。ゴメン。でも許して。

|

« 道志水源林ボランティア第三弾 | トップページ | 不正投票 »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それは熱くなりますよね~。
ワタシもテレビ見てましたよ。高原のキーパーの逆を衝くゴール後は熱心さも薄れたものの、オガくんの活躍は見逃せないので最後までは見届けました。5-4のスコアは、スリリングで激しい試合という戦評になるんでしょうか?

投稿: bikki | 2005.09.08 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道志水源林ボランティア第三弾 | トップページ | 不正投票 »