« 秋の自然観察@新治市民の森 | トップページ | Hgってなんのこと? »

2005.11.01

新治市民の森に通う

IMGP2972 クサギ

最近、新治市民の森に通っている。土曜日はジョギングで約5キロ。ゆるゆると走り30分ほどで到着。池のほうから入り尾根道を通って広場。池にはカルガモがいた。ふたたび池のほうから別の道をとおり逆方向に大回り。最近日暮れが早く、5時前なのに森の中は早くも暗くなってきて不安になる。もっと走り回りたかったがあきらめる。つまずいて転んだりしたくないし。35分ほどで森は出て、同じコースで自宅に戻る。
距離    15km
タイム   1:34’14”
心拍数  平均145 最大178
ピッチ   平均163

日曜日、朝から自転車で出かけた。広場に自転車を置き、池に向かう。双眼鏡を構えながらそろそろ歩いていると、湿地から大きな鳥が飛び立った。ばさっばさっばさっ!ゆっくりと森の奥に飛んでいった。淡褐色地に褐色の迷彩模様のようだった。久しぶりに興奮した。なんだかわからない!双眼鏡に入ったのは0.2秒ぐらいだろうか。飛んでいった先を探すがもう見つからない。飛び立った場所は池に続く湿地で、ずぶずぶのところ。木がまばらに立っていて森のすぐ脇。必死に考える。見た目から最初に思いついたのはサンカノゴイだった。この鳥はまだ見たことが無い珍鳥だ。どうだろう?見た目は見ているが、マイナス点はふたつ。生息環境としてちょっと合わない。広大な葦原などに住むからな。もうひとつは羽ばたき音が聞こえたことだ。サンカノゴイなら羽音はしないのではないだろうか。次に考えたのはミゾゴイだ。生息環境はばっちり。マイナス点はこれもふたつ。成鳥の羽色ではありえない。幼鳥の羽色に合致するのかわからない。ただ、ズグロミゾゴイの幼鳥のような羽色ならピッタリである。もうひとつはミゾゴイではちょっとサイズが小さいかもしれない。なんだったんだろう。いったい。双眼鏡で追うのではなく肉眼でもっと見ておけばよかったとか悔やむ。興奮したまま、直後に通りがかったカメラマンと少し話をする。つづいて池のそばでプロミナーをセットしていた女性にあった。ひそかに安西さんと呼ぶことにする。今見た謎の鳥の話をし、カワセミオオタカオシドリなどの話を伺う。アライグマハクビシンも居るという。ちょっとアライグマには幻滅だ。分かれてから植物やキノコなどいくつか撮影する。
3時間ほど観察しまくって昼過ぎに帰る。大桜によってみたら満員だったのであきらめて中山のラーメン大平に行ってみた。以前、別の家系ラーメン屋だったところだ。トンコツと案内してあったのでまぁ良かろうと入る。ラーメンと半ライスにする。うまい!家系よりはやや白い。大口屋に近い。大桜ほどくどくなく、麺は中太でやや細め。ほうれん草とノリ二枚。自分の好みだ。食後、四季の森公園に寄ってみると祭りをやっていてものすごい人出だった。

火曜日、思わぬ時間が取れたので昼からまたまた自転車で出かけた。先日のなぞの鳥が気になっていて、まず池方面に向かう。と、先日の(ひそかに)安西さんがまたいらっしゃる。カワセミが先ほどまで居たそうだ。カワセミはほっといて先に進む。例の場所にたたずみしばらくまわりを観察する。例の鳥は居なかった。尾根道を回りキノコをいくつか撮影。アオゲラかアカゲラのキョッキョッという声を聞く。森が深く姿はまったく見えない。ときおりカラの混群に遭遇する。新治のコゲラはなぜかすごく元気で勢い良く活動する。なんだか体もやや大きいような気がする。メジロヤマガラシジュウカラ
クヌギの大きなドングリを拾う。アカメガシワマユミゴンズイ。ゆるゆると散策しまくり、再度池に行ってみた。しばらくじっと待っているとカワセミの声がして、姿を現した。オスである。こちらに背を向けている。紺碧がキラキラ見えた。その奥からぐわぐわと声がしてカルガモが4羽出てきた。しきりにえさをとりながら向こう岸辺りをうろうろしている。カワセミがダイブして小魚らしきを捕らえ、こちら岸に飛んできた。水面に近い枝にとまって食べた。遠くから人のがやがやする声が聞こえてきた。いったいなんだろうか?どんどん近づいてくる。ちょっと奥に避けて様子を見ていると、何らかの自然観察会のようだった。総勢約20名。平日の真昼間に。(自分はさておき)。再度尾根道に向かうときに大きめの鳥が飛び出した。ぐんぐん飛んでいって上空に舞った。双眼鏡で見るとオオタカだった。尾羽の根元の脇が白い。上尾筒だろうか。久しぶりだ。猛禽は。どきどきした。狩に出かけたのだろうか。約3時間を過ごし、広場に戻る。クヌギの葉にチョウの幼虫がついている。日曜日に見つけたものがまだそのまま居た。クヌギを食草とするチョウってなんであろうか?
ま、家の近くにこんなに自然観察できる森があることを知り、大変満足な今日この頃である。

キノコ類(名前は不明,四つ目はエリマキツチグリ判明、六つめのはキクラゲ?)

IMGP2889 IMGP2912 IMGP2950 IMGP2956

IMGP2958 IMGP2977 IMGP3016

昆虫(イチモンジセセリ?、不明、ベニシジミ訂正ツマグロヒョウモンのメス

IMGP2944 IMGP2965 IMGP2988 IMGP3012

樹木(マユミニガキ

IMGP2784 IMGP2974

|

« 秋の自然観察@新治市民の森 | トップページ | Hgってなんのこと? »

キノコ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513/6829079

この記事へのトラックバック一覧です: 新治市民の森に通う:

« 秋の自然観察@新治市民の森 | トップページ | Hgってなんのこと? »