« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

初めてのデジスコ@鶴見川

IMGQ14049t

これまで樹木や虫、キノコなどの写真をブログに載せてきたが、本職(?)の野鳥の写真を載せられなくてフラストレーションが溜まっていた。大学生の時に野鳥にはまり、そのころそろえた道具類はすでに四半世紀を経て相当へたばっていてお釈迦になっていてもおかしくは無い状態。ニコンの双眼鏡は数年前に一度オーバーホールに出したが、微妙な不具合までは治らず、我慢して使っているし、コーワのプロミナーは人間で言えば白内障状態でレンズの透明度が失われていてどうにか識別できるというレベルだ。ピントリングも微妙な不具合がある。が、双眼鏡とプロミナーを新しく揃えるにはあまりにもすばらしい高級品がでていて選べそうに無いし、そんなお金もないしで、我慢しているわけだ。

デジカメも合焦がとくに望遠で不安定だし、接写機能が貧弱だし手振れ防止機能もないし、最近充電池の容量が落ちてきているとかで、新しいのにしたいのだが先立つものが...

プロミナーとデジカメを新しくすればデジスコが出来るわけで、たいした腕が無くても野鳥の素晴らしい写真を載せられるというわけだ。

で、ただ指をくわえていてもしようが無いので、それでは今の機材でどれくらいの写真が撮れるのかまったく撮れないのか、実際にやってみようと思い立ったわけである。

てなわけで快晴の大晦日の午後、鶴見川の土手に三脚につけたプロミナーを担ぎ、デジカメをポケットに入れて、ハクキンカイロを腹に入れて手袋をして出たわけだ。しかし、寒い!しかも北風が強い。あっという間に体温を奪われぶるぶるしだす。

しかし野鳥は平気で水に浸かっている。どういうこと?とか思いながら、観察する。カルガモ、コガモ、カワウ、ハクセキレイ、そしてカワセミが護岸ブロックの上にいた。なるべく日のあたる場所で観察しようと移動し、ベンチに落ち着く。カワウに狙いを定めてプロミナーをセットし早くもかじかむ指でデジカメを押し付けてみる。マクロにセット。思った以上にケラレが出て、画面の真ん中にしか画像が写らない。が、撮影しては画像をチェックするというのを繰り返すうちにまぁ、なんとか記録程度には写る事が分かってきた。いつもは1024×768モードで撮影してきたが2048×1536にしてみる。

水道管橋の上に休むセグロカモメを見つけたので鴨池大橋に上がって近づいて撮影してみる。しばらくこちらを気にしていたようだが、だんだん落ち着いてきて羽づくろいをしたり、伸びをしたりしてくつろいでいたので何枚も撮影した。初列がまだ短く、尾羽をわずかに越えるくらいまでしか伸び切っていない。瞳孔は暗色、虹彩は黄色、眼瞼は赤い。に黒斑はなし。目の周りに褐色斑が集まりやや目つきが悪い。胸から後頸にかけても褐色斑が目立つ。肩羽、雨覆、三列風切は淡灰色。三列風切の先端と最後尾の肩羽に幅の広い白い帯がある。上尾筒から尾羽は純白。はピンク色。が黒い。初列の黒の先の白は4枚まで見えた。なので典型的なセグロカモメの成鳥冬羽というわけだ。翼を広げたかっこいい瞬間を撮影したかったが、何度かあった一瞬をすべて見逃した。根気と勘と十分な電池が必要だ。

橋の上は土手よりもさらに風が強く、我慢できなくなり30分ほどで撤収とする。もう右手の感覚がなくなりそうだった。家ではデータをデジカメからPCに流し込み、表示してみた。しばし考え、画像ソフトを利用してトリミングをしてみた。ちょっと面倒だがまぁまぁ見られるのではないだろうか。周りが暗いのはケラレのせいでしようがない。が、やってみて良かったと思う。プロミナーにデジカメを手動で押し付けるという一番原始的なデジスコだ

鳥合わせ
ハクセキレイ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、スズメ、ムコドリ、ハシブトガラス、カワウ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、イカルチドリ、イソシギ、カワセミ、セグロカモメ、ヒヨドリ、コサギ、アオサギ

★皆様、良いお正月をお迎えください。

IMGQ14052t

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

帰宅難民ウォーク

IMGQ13976

首都圏で大地震が発生し交通手段が壊滅した場合、自分が会社にいてしかも生き残って無事だとしたらどうにかして自宅まで歩いて帰る事になる。実際は橋が落ちていたりあちこちで火事が発生していたり交通が大渋滞したりするだろう。頼りになるとされるコンビニもガソリンスタンドもどうなっているか分からない。が、とにかく平時に一度会社から歩いて帰るということを経験しておこうと思った。実はずいぶん昔、自転車でなんども往復したことがあったので道はわかっている。今回は自分の足で歩いてみたかったのだ。

経路
品川区~池上通り~ガス橋~矢上~綱島~新羽~池辺町~鴨居

★ちょうど3時間半かかった。距離は約20km。意外と問題なく歩けた。

途中ポケットに入れていたハクキンカイロが寒風のために立ち消えそうになり、あわてて腹の中に(ヘソあたりに)入れて見事復活させた。危ない危ない。タバコは吸わないのでライターを携帯する習慣はないが、カイロをするときはライターを持ち歩くべし>自分。(教訓1)
池上通りで国道一号線をすぎ東急の池上線を渡るあたりで迷い(以前自転車で通ったのは別の道)通りがかりのおばさんに道を尋ねたら親切に教えてくれた。とにかくまっすぐ行けばよかった。

矢上から綱島間は日吉の慶応義塾大学日吉校舎の丘の東側をまっすぐ一直線に行くつもりだったが(実はこの区間も初めての道)新幹線の高架を東横線の高架と誤解し、そのまままっすぐ行けばよかったところを曲がってしまいずいぶん間違った道をさまよってしまった。反省反省。なお、自転車では素直に鷹野大橋、鶴見川土手を通っていた。地図を持参すべし>自分。(教訓2)

だいたいガス橋が通れなかったら丸子橋か多摩川大橋に回るのだろうが、どの橋が通行可能かなんてどうやって知ることが出来るのだろうか?行ってみないと分からんということになるのではないだろうか?そうすると、最短距離を考えるのではなくて一番丈夫そうな橋を選ぶほうが賢いのかも知れない。ならば国道15号か1号か。多摩川侮り難し!
多摩川に比べて鶴見川はコース的に何箇所も橋があり、これがダメなら次へ、それがダメならその次に、という具合で自宅近くまでいくつも橋が使えるので「なんとかなりそう度」は高い。携帯も必要だろうが、ラジオでの情報収集に頼ることになりそうだ。ラジオが必要>自分。(教訓3)

長距離を歩くには一年で一番条件の良いと思われる晴れた冬の昼間だったし、歩きやすいウェアにシューズ、腹ごしらえも十分だったので今回は問題なかったが、雨が降っていたり、雪が降っていたり、猛暑だったり、真夜中だったり、ビジネスシューズにスーツ姿でしかも空腹だったりすると本当に歩いて帰れるのかどうかわからないと感じた。以前は古いジョギングシューズを万一のために会社の机の下に置いていたのだが、置き場所が無くなり捨ててしまった。会社にも、いや会社にこそ非常持ち出し袋(シューズとラジオを含む)を用意しとくべし>自分。(教訓4)

さて街はクリスマスだった。花屋はどこも綺麗で、華やかな雰囲気をかもし出していた。(上の写真)

これが池上通り。ひたすらまっすぐ行くべし。

IMGQ13977

東急池上線を渡ったあたり。千鳥町の駅が見える。

IMGQ13979

ガス橋の上から丸子橋方面を望む。ガス橋が落ちたら丸子橋に回るか。橋の上は吹きっさらしで特に寒かった。

IMGQ13991

北加瀬交差点に矢上湯という銭湯を発見。

IMGQ13994

綱島小学校には土俵を発見!珍しいぞ。でも地震では倒れるかも。

IMGQ13998

第三京浜入り口交差点の昔ヤナセの工場だったところには巨大な家具屋が建設中だった。IKEA?巨大な看板は地震の時には危ないかも。こんな店らしい。

IMGQ14002

梅田橋交差点にあるキャッシングコーナー。こんなにサラ金(あえてこの言葉を使うぞ)ってあるのか。12店舗も。大きな道路沿いだし、重機を使った破壊強盗にねらわれても知らんぞ。

IMGQ14004

ララポート建設中。一年後に完成予定だが耐震強度は大丈夫か?今基礎を作っている段階か。

IMGQ14008

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.12.23

鶴見川の初冬

IMGQ13783

12/23午前、あまりにも天気が良かったので双眼鏡とデジカメを持って鶴見川をちょっと散歩してきた。ハクキンカイロを腹にしこみ、手袋をして出かけた。日向は強烈なほどの日差しで暖かい。が風は冷たい。いつも自宅マンションの高いところから見下ろしているので、水面に近いところからの川面の観察は久しぶりでなんか、新鮮

IMGQ13954
さっそくユリカモメ、コサギ、カワウ、カルガモ、コガモ、ハクセキレイが出迎えてくれた。土手の落葉樹にスズメがふっくらとして止まっている。日陰はなるべくとっとと歩き、日向で鳥が居そうなところではゆっくり双眼鏡で観察をしながら下流に向かって進む。はるか東側にトビが舞っている。ツツピーという声がしてシジュウカラが飛んできた。橋から川を覗き込むとたぶんコイがうじゃうじゃいた。けっこうでかい。鴨居ポンプ場の近くで鳥にえさをやっている男が居た。ユリカモメとオナガガモが我先に群がっていた。複雑な気分だ。お前ら野鳥だろ。ここでは何人もがエサをやっているのを見ている。少なくとも変なエサはやらんでほしい>男よ。しばらく歩くと、あのオニグルミがすっかり葉を落とした寒い姿をさらしていたので、ちょっと河川敷に降りてみた。お~、これがオニグルミの冬芽(とうが)か。

IMGQ13960

★追記
枝の先端につく大きく立派な頂芽(ちょうが)
ものの本によればサルや羊の顔に似るといわれるおもしろい形の葉痕(ようこん)
葉痕の中に三つの維管束痕(いかんそくこん)
  アルファベットのCの形をしている(これを目と口に見ればサルの顔)
葉痕の上にある小さな側芽(そくが)(サルが額に山伏の帽子?をしているよう)

葉痕がこのようなT字形をしているのはオニグルミの巨大な羽状複葉をささえるための力学的必然と思われる。巨木が板根によって効果的に安定を保つように、オニグルミの葉も、葉柄の根本をこのような形にすることで断面積を抑えた上で、より高い強度を実現しているわけだ。 他の樹木の冬芽も観察してみたくなってきた

ちなみに夏の姿はこちら

IMGP1600
新川向橋と川向端の間の例のポイントにいつものようにセグロカモメが二羽いた。一羽は成鳥、白く美しい。一羽は第二回冬羽で、雨覆と三列風切羽が白に褐色、肩羽だけが淡青灰色(成鳥と同じ色)になりかけ中。小机大橋を過ぎたあたりにオカヨシガモの綺麗な雄4羽、雌タイプ6羽を発見。真っ黒と灰色のシンプルでかつ上品な羽色のオカヨシガモ雄は久しぶりの観察だ。ついでにオオバン、キンクロハジロ雄。遊水地にはダイサギが一羽いただけで鳥影薄し。ニッサンスタジアム(誰もそう読んでくれないようなのであえて言う)のそばを通って小机駅経由で帰宅した。全部で1時間半の散歩でした。

IMGQ13974

鳥あわせ
コサギ、ダイサギ、カルガモ、コガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、オカヨシガモ、オオバン、カイツブリ、カワウ、ハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイ、スズメ、カワラヒワ、ヒヨドリ、シジュウカラ、キジバト、ハジブトガラス、ハシボソガラス、ユリカモメ、セグロカモメ、イカルチドリ、イソシギ、トビ 以上28種。(順番はテキトー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

恩田川、246、467、中原街道

IMGQ13933

雲ひとつ無い快晴の冬の午前。走ることにした。日なたでは暑いぐらいの日差しだ。サングラスに帽子、短いタイツ、考えて手袋はせず、水をたっぷり飲んで出た。鶴見川の土手に出ると結構風がありとにかく冷たい。手袋をしてくればよかったと早くも後悔したが、戻るのはもっといやな性格。そのまま走り出す。

落合橋の下をくぐり(つまり中原街道を越えて)恩田川沿いを、ややゆっくり走る。リュックは無し。キロ6分ぐらいのペースだろうか。中山駅北側第一公園で給水する。川沿いに進み十日市場の北側を通り、田奈方面へ。246を左折する。ここで6.6km。39’13”。

246を南西に向かう。横浜線の下をくぐり、昔、住んでいた社宅の近くを通る。246は交通量が多くしかも、ひどく渋滞していた。空気が悪い。正面から日が差すので暖かい。王子神社からなんと歩道が工事中で通れない。歩行者はこちらと案内されたのはひどい坂道しかも超登り。これってちょっとひどくないか。狭い道を苦労して通り工事区間を出るとき、工事担当者が居て、非常にまれな歩行者である自分の出現に驚き、大変恐縮した表情で「ご迷惑かけて申し訳ありませんでした!」とか言うものだから、本当はむかついていたのだが「あぁ、どうもどうも」とか言ってにこやかに手を振って通った。人間の心理って面白い。東工大の前を過ぎ、大和バイパスを渡り(信号待ちが長い!)カルフールを過ぎ、境川を超え、一ノ関から467に入る。この区間6.8km、42’31”。

ここからは初めて通る道だ。真南に進む。最後まで行けば藤沢に出る。深見台1号公園というところで給水し、ついでに膀胱を空にする。日のあたる道の左側歩道を通る。道の左側になんだか広い空間の存在を感じる。厚木飛行場か?地図を思い浮かべる。左側が境川で飛行場は右側じゃないか?とか考えながら走るがなかなか頭は回らなくなってくる。とにかく中原街道にぶち当たって左折だ。それだけに注意して走る。交通量が多く、歩道も歩行者が多いので走りづらい。ちょっと車道に下りたりうまくかわしながら通り抜ける。もうそろそろかと思ったころ、なんだか見たことのあるような交差点。しかし、中原街道の表示は無い。ここか?もっと先か?これが桜ヶ丘交差点か?どこにも書いてない。しばし迷ったが自分の勘を信じ、左折することにする。この区間5.8km、ちょうど30’00”。

北東向きに進む。道の左側を通ると背中に日があたり暖かい。境川を渡る。急に空腹感を感じ出す。さもありなん。午後一時過ぎだ。ここから何度も坂が続く。上り坂で疲労困憊し、歩いてしまう。まだ2時間ほどなのに、なんだろうかこの強い疲労感は。体力が衰えたか?中原街道が相鉄線をくぐるのは道の右側の歩道だけなので早めに右側に移る。日陰が多くなり寒い。歩いたり走ったりする。ラーメンショップの前に自販機を発見し、カロリーの一番高そうなカフェオレを選ぶ。ラーメンのうまそうなにおいに包まれながら暖かい缶を飲むと少し元気が出た気がした。そこでふと思い出した。昨日は忘年会で結構飲んだのだった。なぜだか朝起きたときにはまったくそれを忘れていたぐらい調子は良かった。が、やはり内臓に負担はかかっていたのだろう。これが不調の原因であることに決めた。トンネルで相鉄をくぐり、坂をがんばって上り矢指トンネルを通る。日陰が寒い。手が冷たい。手袋をしてくればよかった。いつも信号の長い保土ヶ谷バイパスの交差点が運良く待ちゼロ秒で通れた。都岡小学校の交差点で7.5km,45’53”。歩きが入ると遅い。

16号を歩道橋で渡る。ここは何とかして欲しい箇所。横断歩道にしてくれ。>建設省か?辛いのぼりをがんばって登り、ただしちょっと歩く。ズーラシアの交差点を過ぎる。先ほどの野豚パワー、じゃなくてカロリー注入で少し走れるように戻ったようだ。が、空腹感はあい変わらず。家系ラーメンお~くらを通り過ぎる。ポケットの30円でラーメンのスープだけ飲ませてくれんだろうかなど考える。水分と暖かさと塩分と糖分を一挙に補給するいい方法だと思うんだが。フォレオの待ちの長い交差点は信号無視して(もちろん安全確認のうえ)渡る。宮下交差点で右折しダイクマを通って無事ゴール。最後の区間は5.6km、39’12”。

本当に疲れた。少し顔が日に焼けたような気がした。歩きが入ったが思ったよりも速かった。

距離   32.3km
タイム  3:16’52”(ロスタイム約10分 信号待ち、給水、トイレなど)
心拍数 平均144 最高164
ピッチ  平均162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

わが町にイーホームズ発見!

IMGQ13924

家のベランダから見る景色の中に高いクレーンが立っているのに気づいたのは夏ごろだっただろうか?最近どんどん建築が進みいまや5~6階建てほどになっている。もちろんマンションだろうと思っていた。SRCではなくRC構造だ。あまりに高い建物だとうちからの地平線がさえぎられるとしたらやだなぁと心配だったので、本日午後久しぶりに竹山方面にジョギングし、そのついでにこの建築中の建物を見てこようと言うわけだ。

しかし、寒い。今シーズン初めて手袋ロングタイツで出かけた。初冬の雰囲気である。落ち葉がカサコソと風で舞う。建築物のそばを通り過ぎ、帰りに詳しく見ようと思う。竹山方面に上ってゆき、ご飯塚までゆく。北側の眺めが良いが曇りで景色はさえない。竹山南公園までゆき、特に必要ではなかったが癖で給水し、笹山方面まで銀杏並木をさくさく走る。ところどころ黄色のイチョウの落ち葉が溜まっており喜んで踏んで走った。ただ、石ころなどが隠れていないか気をつけて走った。笹山の信号で折り返して竹山方面へ戻る。寒い。時折小さな雨粒が落ちてくる。デジカメを濡らさないように気をつけて走る。竹山幼稚園前を通過しジョモのガソリンスタンド手前でマンション建築現場に出た。

看板が出ていたので撮影した。なんと鴨居病院だと。計画道路で移転するという話は聞いていたがここに移るのかぁ。マンションではなかったのか。で、このニュースを携えて急いでうちに戻った。結局40分の軽いジョグとなった。

で、家族にこの話をしてデジカメの写真を見せていたら驚愕の事実を発見。
建設業の許可票
 清水建設
建築基準法による確認済
 確認年月日番号
  平成17年2月17日 eH0 04 A-8314-41号
 確認済証交付者
  イーホームズ株式会社

!!わが町にもイーホームズが!!
ちなみに設計者氏名は
株式会社井上建築企画研究所

だ、大丈夫だろうか?この建物。
地下1階地上5階ということでこれ以上高くはならないようで安心したが、それより強度は大丈夫なのか?このまま建築できるのか?ひとごとではなくなってきたような気がして少し気が重くなった。

距離    約7km
タイム   40’48”
心拍数  平均144 最大168
ピッチ   163

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.08

このミステリーがすごかった!2005

IMGP9417

今年も通勤時間を利用して本を読んできた。今日までで17作品、19冊だ。文庫本が3作品(5冊)、ペーパーバックが13作品(13冊)、文芸誌が1冊だ。基本的にはスリラーと言えるのだろうが、ミステリーとか冒険モノといったほうがピッタリくるものもある。まぁ、分類はあまり興味が無い。とにかく楽しめそうなものを選んで読んでいるだけだ。

さて恒例の今年のマイベスト10を発表する。

1.THE VANISHED MAN              ジェフリーディーバー
2.24時間                                   グレッグアイルズ
3.HAVANA                                 スティーブンハンター
4.RAGE OF ANGELS                   シドニーシェルダン
5.マタレーズ暗殺集団                  ロバートラドラム
6.AVENGER                               フレデリックフォーサイス
7.DA VINCI CODE                       ダンブラウン
8.THE BROKER                          ジョングリシャム
9.A STRANGER IN THE MIRROR   シドニーシェルダン
10.THE SANDS OF TIME              シドニーシェルダン

1位はぶっちぎりでディーバーだ。邦訳で「魔術師(イリュージョニスト)」が昨年秋にでている。イリュージョニストといえば引田天功。人の目を欺いて驚くような魔術を見せてくれるのだが、この技を使って犯罪を犯し捜査陣を煙に巻くという話。目にも止まらぬ早業や、錯覚・思い込みを利用して幻惑させるといったさまざまな手法で、さすがのリンカーンライムの捜査も思うに任せない。ま、イリュージョニスト対科学捜査というアイデアだけで、もうおもしろいこと間違いなしというわけだ。

2位は子供誘拐犯とその親の手に汗を握る対決とそのスピード感がすさまじい。これをまねた犯罪者がでるのではないかという危惧も、後になってから心配する。読んでいる間はとにかくもうはらはらドキドキだった。

このミステリーがすごい!(2006年度版)

はそろそろ出ただろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

綾戸千恵と上戸彩

字を見ると間違うわけないのに、音で聞くと一瞬どちらかわからなくなる。えらい違いなのに。

ルミナリエミレナリオ
も同じ。
ルミナリエは神戸、ミレナリオは東京。
ルミナリエが始まったそうだ。もう年末だ。(写真は3年前の東京ミレナリオ)

IMGP2685

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

しろしいお話 Skipping Christmas

Skipping Christmas

IMGP3361

ジョングリシャムの非リーガルスリラーもの。シドニーシェルダンのリーガルスリラーに続いて読むのはなんか妙。アメリカ人にとってクリスマスがどれほど大きな行事であるかを諧謔的に描いたコメディと思って読んでいる。季節的にもちょうどぴったりなのだ。

博多弁で「しろしい」という言葉がある。日本語で表現するのは難しい概念なのだが、あえて説明すると...

うっとうしい
辛い
不快だ...

自分や他人に責任のないことで、不快な目にあったときに、不幸な自分の境遇を愚痴るようにつぶやく言葉。主に天候に関係することが多いようだ。街に買物に来て帰りがけ、荷物が多くて苦労している時にちょうど雨が降ってきたような状況で博多人は一人つぶやく。「あぁ。しろしかぁ~」

で、クリスマス前の買物で大混雑の街で「しろしい」目にあう主人公の男。駐車場に入れずにうろうろしたり、スーパーで買いたいもの、いや妻に買ってくるよう言われたものをやっと見つけだしたのにその最後の一個を目の前で人にさらわれてしまったり、妻に買物の不手際を非難されたり、グチャグチャの雪に足を突っ込んで濡れてしまったりとさんざんなクリスマスシーズンをすごすわけ。

もう、ここまで読んでこちらがしろしくなってしまうような話。自分も混雑と渋滞と行列と買物で店員にモノを聞くことが大嫌いな男の心にビンビン伝わってきたわけだ。アメリカ人も同じかぁ!

で、誰も本当には喜ばないプレゼントや、使いもしないモノを買うこと。本当はやりたくもないパーティに参加したり、あるいは開いたりすることの愚かさに気づいた夫婦はChristmas を Skip して、その間クルージングに出て楽しむというアイデアを思いつく。このパラダイムシフトは周りに大きな波紋を生んでゆく事になる... というお話だ。

短いペーパーバックで227ページしかない。今朝50ページまで読んだ。クリスマス前に読み終えると思う。今後もしろしいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚えていますか一年前のこと

ちょうど一年前中学一年生の娘の社会の中間テスト対策で作ってやった時事問題とその答えです。こうしてみてみると、なんか今となっては懐かしいような気がします。そうそう、キャベツが高かったなぁ。オリンピックでは金メダルラッシュだったなぁ。

...もう忘れていました。
...こうして歳をとっていきます(笑)

問題編
1.腎障害の患者が食べて急性脳症で死亡する事故が相次いでいる食用キノコは何か?
2.大統領選で不正が行われたとして野党が結果を受け入れ拒否してもめている国は
3.ロシアで小学校で数百人もの人質が殺害された学校占拠事件がおきたのはどこ?
4.自由貿易協定のことをアルファベット三文字でなんと言うか
5.日本がFTAを結んだ相手国を述べよ
6.東シナ海の日本の経済的排他水域のすぐ近くで中国が開発しているのは何?
7.アジア太平洋経済協力会議を略してアルファベット4文字でなんと言うか。
8.それはどこで開催されたか?
9.イラク駐留のアメリカ軍が武装勢力の一掃のために攻撃したイラク中部の都市名は?
10.新潟県中越地震で大きな被害を受けた主な村や町の名前をみっつあげよ
11.イラクの復興支援のために自衛隊が駐留している都市は?
12.プロ野球に新規参入を希望した企業をふたつあげよ
13.プロ野球の選手会長で、初のストの突入などで機構側と交渉したのは誰?
14.最近新札となった一万円札、五千円札、千円札の顔は誰か?
15.パレスチナ解放機構の議長で最近亡くなったのは誰?
16.アフガニスタンの大統領は誰
17.最近、葉物野菜が値上がりしているのはなぜ?
18.最近噴火し首都圏にも火山灰を降らせた山は?
19.電話でうその話で人をだまして金を指定口座に振り込ませる詐欺のことを何という?
20.今年横浜市で開通した地下鉄は何線?どこからどこまで?
21.アメリカ大統領選で勝ったのは誰?負けたのは誰?それぞれ何党?
22.ロシアの大統領は?
23.北方領土の四島の名前は?
24.中国の首相は誰?
25.中国の国家主席は誰?
26.韓国の大統領は誰?
27.今年の秋、山から出てきて人を襲うなど害をなして問題となっているいる動物は
28.今年のオリンピックはどの国のなんという都市で開催されたか
29.今年のオリンピックで金メダルを取った日本人選手を3名あげよ

...

回答編
1.スギヒラタケ
2.ウクライナ
3.北オセチア共和国
4.FTA
5.シンガポール、メキシコ
6.ガス田
7.APEC(エイペック)
8.チリのサンディアゴ
9.ファルージャ
10.山古志村(やまこしむら) 小千谷市(おじやし)  魚沼市(うおぬまし)
11.サマーワ
12.楽天 ライブドア
13.古田敦也選手(ふるたあつや)
14.福沢諭吉 樋口一葉 野口英世
15.アラファト議長
16.カルザイ
17.台風の大雨で農作物が被害を受け収穫が少なくなったから
18.浅間山
19.オレオレ詐欺
20.みなとみらい線  横浜から元町・中華街まで
21.ブッシュ 共和党 ケリー 民主党
22.プーチン大統領
23.国後島(くなしり) 択捉島(エトロフ) 歯舞島(はぼまい) 色丹島(しこたん)
24.温家宝(ウェン・チアパオ)(おんかほう)       
25.胡錦涛(フー・チンタオ)(こきんとう)
26.盧武鉉(ノムヒョン)
27.クマ
28.ギリシャ  アテネ
29.金メダリスト
▽陸上
 男子ハンマー 室伏広治
 女子マラソン 野口みずき
▽水泳
 男子100m平泳ぎ 北島康介
 男子200m平泳ぎ 北島康介
 女子800m自由形 柴田亜衣
▽体操
 男子団体 塚原直也・水鳥寿思・鹿島丈博・米田功・冨田洋之・中野大輔
▽レスリング
 女子フリー55kg級 吉田沙保里
 女子フリー63kg級 伊調馨
▽柔道
 男子60kg級 野村忠宏
 女子48kg級 谷亮子
 男子66kg級 内柴正人
 女子63kg級 谷本歩実
 女子70kg級 上野雅恵
 女子78kg級 阿武教子
 男子100kg超級 鈴木桂治
 女子78kg超級 塚田真希

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

ケヤキの実

IMGQ13756 IMGQ13757

近所の公園で樹木ウォッチングをしてきた。樹木観察を始めて約半年になるが、理想的には同じ場所の樹木を一年を通じて毎月観察すると良いと思っていた。そうすれば若葉萌える春、青々とした葉や花の夏、実がなりやがて紅葉して落葉する秋、冬芽や落ち葉の冬とひと通り観察できるからだ。しかし樹木の種類は山ほどあるしそれぞれの時期ごとに見所のある種類があるし、夏は蚊が多くて見に行くのがいやになるし、ほかにやりたい事があったり、天候が悪かったりしてなかなか当初の思惑通りにはならない。

さて、いま落葉樹の葉がどんどん落ちている季節だが、街中の落ち葉の多くを占めているのがケヤキと思われる。公園や街路樹などにたくさん植えられている。一年前にはケヤキという名前は知っていてが、どれがケヤキなのか皆目分からなかった。今ではすぐに分かるようになったのだが、かえって普通種すぎてよく見ないで通り過ぎてしまうことが多かったように思う

まず、ケヤキの葉でも大きいのから小さいのまであるという実例。実のなる葉は小さくなるということを図鑑で知ってはいた。

IMGQ13731

樹皮はこのように丸くはがれる。上向きにはがすような方向だ。

IMGQ13764

で、もう見るべきものが無いような気がしてケヤキの元でぼーっとしているとメジロが飛んできて何か食べ始めたようだ。6羽いる。ケヤキの何を食べているのだろうか?と思った。たしかに食べている。そこで、はたと思い当たった。実を食べているのだ。そこで足元に落ちている枯葉を調べてみた。するとあるある!小さな葉の元に小さな実がついているではないか。葉の一枚につきひとつの実。ホウレンソウの種ににている。見逃すところだった。

IMGQ13763

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.01

道志水源林ボランティアの会

道志水源林ボランティアの会ホームページが出来ているのを発見した。
が、まだ内容はこれからといったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »