« 道志水源林ボランティアの会 | トップページ | 覚えていますか一年前のこと »

2005.12.03

ケヤキの実

IMGQ13756 IMGQ13757

近所の公園で樹木ウォッチングをしてきた。樹木観察を始めて約半年になるが、理想的には同じ場所の樹木を一年を通じて毎月観察すると良いと思っていた。そうすれば若葉萌える春、青々とした葉や花の夏、実がなりやがて紅葉して落葉する秋、冬芽や落ち葉の冬とひと通り観察できるからだ。しかし樹木の種類は山ほどあるしそれぞれの時期ごとに見所のある種類があるし、夏は蚊が多くて見に行くのがいやになるし、ほかにやりたい事があったり、天候が悪かったりしてなかなか当初の思惑通りにはならない。

さて、いま落葉樹の葉がどんどん落ちている季節だが、街中の落ち葉の多くを占めているのがケヤキと思われる。公園や街路樹などにたくさん植えられている。一年前にはケヤキという名前は知っていてが、どれがケヤキなのか皆目分からなかった。今ではすぐに分かるようになったのだが、かえって普通種すぎてよく見ないで通り過ぎてしまうことが多かったように思う

まず、ケヤキの葉でも大きいのから小さいのまであるという実例。実のなる葉は小さくなるということを図鑑で知ってはいた。

IMGQ13731

樹皮はこのように丸くはがれる。上向きにはがすような方向だ。

IMGQ13764

で、もう見るべきものが無いような気がしてケヤキの元でぼーっとしているとメジロが飛んできて何か食べ始めたようだ。6羽いる。ケヤキの何を食べているのだろうか?と思った。たしかに食べている。そこで、はたと思い当たった。実を食べているのだ。そこで足元に落ちている枯葉を調べてみた。するとあるある!小さな葉の元に小さな実がついているではないか。葉の一枚につきひとつの実。ホウレンソウの種ににている。見逃すところだった。

IMGQ13763

|

« 道志水源林ボランティアの会 | トップページ | 覚えていますか一年前のこと »

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鴨居近辺事情」カテゴリの記事

コメント

ラジオの情報でしたが、今年のケヤキの紅葉の仕方が異常で、、、と聞きましたが、それはともかくケヤキの実生苗は見ることがありましたが、花や実は何処に咲き成るのか60うん年知りませんでした。生存中に教えて頂き有難うございました。何か徳をしたような気持ちでこれまで以上に動植物に興味を持ちました。脱線しますが、長い年月をかけ成長してきた樹を簡単に切る不動産業者がいますが、購入希望者は周辺に樹があってはじめてその地に安らぐと言います。

投稿: 遠藤譲一 | 2005.12.30 15:14

遠藤さん、こんにちは
私も樹木は勉強始めてから半年ちょっとです。ケヤキの実をこうして発見できてうれしかったぁ。教えてくれたメジロに感謝です。ただ、ケヤキの花は見過ごしました。ケヤキの花は高いところに小さくつくらしいので目立たず見つかりにくいとのこと。実はこうして落ちたときに見れますが、花を見るには双眼鏡が必要と思われます。4~5月に咲くそうです。
樹を切ってはいけませんね。大事にしたいです。しかし、こういう自分も間伐作業でケヤキを切ってしまった経験があります。なにかの経済活動を行うときに邪魔にされてしまうのが残念ですね。ただ、自分で樹を育てるというのも有意義かも知れないと思い始めています。いまコナラのドングリを育てています。

投稿: はるきょん | 2005.12.30 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513/7446483

この記事へのトラックバック一覧です: ケヤキの実:

« 道志水源林ボランティアの会 | トップページ | 覚えていますか一年前のこと »