« 狛犬二題 | トップページ | ケヤキとタブノキ »

2006.03.30

バーダー

野鳥が好きな人なら文一出版の月刊誌「バーダー」はご存知であろう。
むかし、「日本の生物」というタイトルで蝶などの昆虫も扱っていたのを野鳥専門誌に衣替えしてからもう十年ほど経つだろうか。毎月購入してきてもう置き場が無くて困っているほどである。毎月16日あたりに書店に行くとたいてい3~4冊ぐらい置いてあった。
ところが、今年に入って書店に置いてないようなのだ。昨年12月発売の2006年1月号までは普通に入手しているのだが、2月号以降が手に入っていないのだ。何故だ?2、3、4月号が無い。近所の書店を巡ってみたがどこにも置いてない。無いぞ無いぞ無いぞ。売れない月刊誌を置かなくなったのだろうか?各書店がそろって。困ったというか。いったいどうなってんの?

|

« 狛犬二題 | トップページ | ケヤキとタブノキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
売れる売れないに関係なく、このような雑誌はどこかの書店へ行けば必ず見つかるのが昔からの常識だったと思います。置かなくなると売れなくなる、売れなくなると廃刊される・・・・という残念な事にならないといいですね。

投稿: bikki | 2006.03.30 21:11

追伸
こんにちはでなく、こんばんはでした(恥)。

投稿: bikki | 2006.03.30 21:13

いまのところ廃刊とかのうわさは無いようなので心配はしていませんが、でもやはり「売れない>書店が置いてくれない>買えない>さらに売れない>廃刊」という負のスパイラルは脅威ですね。しかもこれは出版社側ではなく書店側の判断で始まりますからね。それで、書店での定期購読あるいは文一出版からの定期購読(こちらは値段的にややお得)のどちらかを検討しようかなぁと考えています。

投稿: はるきょん | 2006.03.31 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狛犬二題 | トップページ | ケヤキとタブノキ »