« 亀甲橋往復ラン | トップページ | オホーツク海の海洋汚染事故 »

2006.04.08

春の樹木観察

4月8日(日)
午後は近所を散歩して樹木の春を確認して回った。その前にまずはベランダから。コナラのドングリの現状。以前ネギを育てていたトロ箱を使ったので、まだ生き残ったネギと同居(笑)いっしょに植えたマテバシイ、クヌギはまったく芽が出なかった。

Imgq16420

次はドウダンツツジ。花が咲いたと前回述べたが、ほとんどは葉で花はごく一部であった。だがこの花が実にかわいい。葉の芽はとんがっていてつんつんした感じ。

Imgq16424

コナラの新葉。ドングリからの新葉と同じく白い毛に覆われている。無垢な感じがいい。

Imgq16434

ユズリハ。新芽が大きく膨らんでいる。この芽から新葉が開き、その下に花が咲くはず。

Imgq16444

クスノキ。常緑樹だって春に新葉がいっせいに出てくる。白と赤が美しい。古い葉は赤くなってやがて落ちる。

Imgq16449

レンギョウ。一週間前は緑色の葉が出ておらずまっ黄色だったが、いまはもう黄色のほうが少数派になっている。この黄色い花ももう少しの命。花弁は4枚。葉には鋸歯がある。レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウのどれであるかは不明。

Imgq16454

次はヤマモモ。たぶんこれは花が咲いているのだと思う。図鑑の雌花とは形が違うので雄花であろう。だが、昨年実のなっていた雌株には花が咲いていなかった。雄だけ咲いて意味があるのか?虚しいな。 今年も雌株には実がなるのか?ならないのか?

Imgq16459

お次はまだ新葉の出ないケヤキ。これは一昨年の冬に強剪定をうけたケヤキ。ぶっとい枝の部分でばっさり切られているのが見えるであろうか。こういう切られ方をするとかわいそうなケヤキは命の元の葉をたくさん出すために切られた地点から戻って新しい枝を発生させるのだろう。見ると新しい細い枝が等間隔にぶつぶつと並んでいるのが分かる。

Imgq16461

次は低木ニシキギ枝の翼が特徴。新葉がどんどん出てきている。日当たりの悪い場所にあった。

Imgq16464

そしてこれはヤブデマリではないかと思う。これは確信なし。新しい葉のくっきりしたひだと白と赤の色が実に美しかった。人間でも動物でも赤ん坊がかわいいのと同じだと思う。新葉の魅力だろう。

Imgq16468

最後はミズナラ。こちらはまだ葉が伸びてないがすぐに伸びるであろう。以前撮影した写真と比べると冬芽がたいぶ伸びているのが分かる。これは同じ樹の同じ芽の12月23日の姿である。
Imgq16472

Imgq13947

|

« 亀甲橋往復ラン | トップページ | オホーツク海の海洋汚染事故 »

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鴨居近辺事情」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀甲橋往復ラン | トップページ | オホーツク海の海洋汚染事故 »