« ドングリ成長記録 4/15 | トップページ | トチノキの冬芽と新葉 »

2006.04.17

クヌギの花

Imgq16604

日曜日の午後、上山市民の森にちょっと行ってみた。コナラの花が咲いてないかなと思ったのだ。まず目に飛び込んできたのは、苦手な園芸種っぽいモモかなにかの仲間の花。ピンクに満開。これは昨年から調べられずにいる。見なかったことにして(笑)、森に入る。クリ、シラカシ、ホオノキの新葉などを観察する。ゆっくりじっくり観察しても蚊がいないのはすばらしいこと。夏になるとこうは行かないのだ。キブシの花がきたならしく最後の姿をさらしていた。そろそろ無名モードに突入か。コナラの若葉も見えたが、なんせ高さがあり双眼鏡でやっと見えるほど。花は見えなかった。下の公園に下りてみるとトイレの脇にクヌギを発見。黄色の花が長くぶら下がっている。新葉もちょうど開きかけである。細い鋸歯が見えクヌギの特徴があらわれている。コナラの花は観察できなかったがクヌギの花を見れて満足だ。今ごろは樹木が一年で一番劇的な変化を遂げるひと月である。いろいろと見逃したくないものがあると、平日にも出かけたくなってしようがない。(笑)

Imgq16609

|

« ドングリ成長記録 4/15 | トップページ | トチノキの冬芽と新葉 »

上山ふれあいの樹林」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「クヌギとコナラの花の大研究」ありがとうございました。これ、分かりやすいですね。枝の先っちょにある小さいのが雌花なんですね。これはなかなか近づけないけど、見てみたいなー。
本当に、いろいろ見逃したくない季節ですね。休みが欲しい(笑)
雌花の画像があるサイトがあったので、URLに貼りました。

投稿: 小鉄 | 2006.04.18 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドングリ成長記録 4/15 | トップページ | トチノキの冬芽と新葉 »