« 能見堂赤井温泉 | トップページ | 新治市民の森で歌う鳥の歌 »

2006.05.07

イヌブナの新葉

Imgq20279 Imgq20384

樹木の種類毎にまとめたフォルダーを眺めていた。新治市民の森イヌブナの写真があり、4月30日と5月1日と続けて二日同じ物を撮影していた。4/31 10:05 と 5/1 15:34 たった30時間なのにこの差に愕然。同じ枝の同じ部分である。この爆発的な新葉の伸長には冬の間にじっとため込んでいたエネルギーのすごさを感じる。が羽化する様子を思い出した。そう、新葉は羽化するのだ!
最後は5月5日時点の葉である。葉の縁も表面も枝にも白い産毛が生えている。図鑑によると成葉の裏側の葉脈沿いにうぶげが残るという記述があるが、表や縁の毛は落ちるのだろうか。次回以降に確かめてみたい。楽しみが一つ増えた感じ。ただ、このイヌブナは場所からして自生のものではないのではないかと見ている。

Imgq20487

|

« 能見堂赤井温泉 | トップページ | 新治市民の森で歌う鳥の歌 »

新治市民の森」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能見堂赤井温泉 | トップページ | 新治市民の森で歌う鳥の歌 »