« マイマイガの幼虫ニ態 | トップページ | じゃぶじゃぶ池のアメンボ »

2006.06.12

ヒゲナガクロハバチの幼虫

Imgq21651

真っ黒いイモムシ海のナマコか何かを思い起こさせる。ヒゲナガクロハバチの幼虫と思われる。左側の小さくて白いイモムシは生まれたてのものであろう。ユリ科の植物を一心に食べていた。彼らの防御戦略は鳥の糞への擬態であろうか。こいつらが草の上にまとまっていたらそのように見えると思う。だが鳥の目を誤魔化せるかどうかは疑問である。たくさん卵を産み、たくさん捕食されてもいくらかは生き残ること。これが一番の生き残り戦略であろう。成虫の姿はネットでは見つからなかった。自分のプアな昆虫図鑑にはヒゲナガハバチの写真はあったが、ヒゲナガクロハバチは載ってなかった。

さてこのイモムシたちはすごい勢いで草を食べていた。観察しているとむしゃむしゃと音が聞こえてきそうなほどだった。見ている間にどんどん葉が食べられていった。春のこの季節だからいくら食べてもなくなることはないと思うが。自分の好きなものを食べまくるという生活はどんなものであろうか?鳥やオオスズメバチに捕食されるまで食べ続ける。うまくすれば蛹になってハバチの成虫になれる。個体にとってはリスクの高い生き方である。だが全体としてはほとんど食べられても少しは生き残り、次世代に命をつなぐことが出来るという「数で勝負」の戦略だ。ドングリも魚も昆虫もその多くがこの方法で生き残っているわけだ。適度に生き残ってくれ。しかし、白で生まれたなら白で通せばよかろうにと思う。これも四季の森公園にて撮影。最近こういうのばかりでお気を悪くされる方がいたら困るので、お口直しにショウブの花でもどうぞ。

Imgq21707

|

« マイマイガの幼虫ニ態 | トップページ | じゃぶじゃぶ池のアメンボ »

その他昆虫」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイマイガの幼虫ニ態 | トップページ | じゃぶじゃぶ池のアメンボ »