« ヤマユリとルリタテハ | トップページ | アミガサハゴロモかベッコウハゴロモかで大混乱 »

2006.07.25

じみぃーなホオズキカメムシとホシハラビロヘリカメムシ

Imgq22367

四季の森公園にて撮影。太ももが妙に太く実にじみぃーな色合いのカメムシ。ネットで調べたらホオズキカメムシらしい。表面に細かい毛でも生えているのだろうか。美しく肌つやの良い虫が多いカメムシなのに、ちょっと珍しい。腹の脇には淡色の斑が並びサシガメにちょっと似ている。顔と眼が小さいからか、愛想の無い、頭の悪そうな感じは動物でいえばサイとか水牛あたりを思わせる。水牛で思い出した。四半世紀前に沖縄をひとりで野鳥観察して回っていて石垣島のアンパルクロトキを見つけてしばらく観察し喜びいさんで帰ろうとしたとき、田んぼのあぜ道に水牛がいて帰路をブロックされたのだ。農作業用に飼われているスイギュウだ。目があった。知能のなさそうな小さな目と巨大な角を持つこの動物は異様に恐ろしく、降参してえっらい遠回りをして戻った覚えがある。体が大きく頭と目が小さく、太ももが太いと、そのように思われても仕方あるまい>ホオズキカメムシ君。

※写真の色合いが酷かったので差し替えました。2013/12/26

あまりに地味なのでおまけをひとつ。こちらはホシハラビロヘリカメムシ。これは鶴見川の土手で。これも同じく地味ですな。また和名も説明的すぎて感心しません。背中の小さな黒い点をフィチャーしたようであるが、それが一番の特徴かねぇ。

Imgq22577

|

« ヤマユリとルリタテハ | トップページ | アミガサハゴロモかベッコウハゴロモかで大混乱 »

カメムシ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

ホオズキでホオズキカメムシを
見つけたとき,後ろ足の太さに驚きました。
その足の太さから強そうに見えとても手が出ませんでした。

投稿: itotonbosan | 2013.12.26 09:39

itotonbosanこんばんは。小さな昆虫なのに恐ろしいと感じることがありますよね。自分の場合一番怖いのはヨコヅナサシガメです。ゆっくりゆっくり歩くので本当に恐ろしい感じですshock

投稿: はるきょん | 2013.12.26 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマユリとルリタテハ | トップページ | アミガサハゴロモかベッコウハゴロモかで大混乱 »