« スギ食うスジコガネも好き好き | トップページ | 世界を映すシロテンハナムグリ »

2006.07.22

第一号はドウガネブイブイ

Imgq22536

パパー!%$ヴ裔!!(悲鳴)!!妻がけさ玄関で虫を発見し大騒ぎをした。こういう場合は何をやっていてもとにかく急いで駆けつけねばならない。そして、これが玄関の傘立ての中にいた。実はもう一匹見たくない昆虫が死んでいたのだが、そちらには触れないでおこう(笑)。一見して(いわゆる)カナブンなのだが、顔がカナブンよりは丸っこく優しい感じがする。図鑑で調べたらドウガネブイブイだ。これの緑色バージョンはアオドウガネという。ではブイブイっていったい何か?こいつを触ったときにも特にぶいぶい言わなかったが。謎だ。ドウガネブイブイ...この和名ちょっとどうかと思う。ブイブイってドウカネ?

カナブン、アオカナブンの甲は張りがあって高級車のボディのように完璧でピッカピカであるのに対してこちらはご覧のようにややしわしわのデコボコがありランクが落ちる。ベランダで撮影したが逃げたいらしく、もそもそと移動して気に入った場所まで行ってからおもむろに飛び立つのだが洗濯物のジャングルに阻まれてなかなか外界に飛び立てなかった。取り入れた洗濯物の中に妻がこの虫を再発見したらまた一大事になるので苦労して引っぺがし、外に放り投げてやった。ぶーんという音をたてて無事飛んでいった。ヒトの家には入らないほうがいいぞ。危険だからな。虫嫌いということは虫を発見する能力に優れるということでもある。家の中の蚊、ゴキブリはやはり自分も苦手である。嫌悪感・恐怖感・パニックってのは伝染する。子にも当然刷り込まれているし。虫に対する態度は妻の方が圧倒的に影響力があったということである、うちの場合(苦笑)。
以上、我が家を訪れてくれたカナブンの第一号ということでドウガネブイブイのご紹介でした。

|

« スギ食うスジコガネも好き好き | トップページ | 世界を映すシロテンハナムグリ »

コガネムシ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

今では、夜にお邪魔させていただくのが、楽しみになってしまいました。しゃれもあり、でね。
ところで、夫いわく、カナブンは、ブーンと飛んでいるから、
ドウガネブイブイもブンブン飛んでいるからじゃないのかい?みょうに納得してしまった私です。はい。真相は?

投稿: shenmama | 2006.07.23 00:21

shenmamaさんいらっしゃい。確かにドウガネブンブンなら分かり易いですね(笑)。ブイブイの謎はもうちょっと調べて見ます。

投稿: はるきょん | 2006.07.23 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スギ食うスジコガネも好き好き | トップページ | 世界を映すシロテンハナムグリ »