« カマキリ | トップページ | 食うものと食われるもの トラカミキリ »

2006.07.18

ウズラカメムシ

Imgq22606

家から数分の鶴見川土手で撮影。小さなカメムシである。1cmぐらい。現場ではピントが合っているのか会っていないのかも分からないことの方が多い。だから何枚も撮影することになりこのカメムシも10枚以上撮影した。カメムシにしては変わった色合いである。イネ科植物にストローを刺して吸うわけなので目立たぬように生きて行くためにはリーズナブルな色の選択であると思う。肌色に褐色の縦線。なかなかいい感じだと思う。小楯板がけっこう大きいタイプ。サンダーバード2号を思わせる形肌の質感もいいなぁウズラカメムシ

最近補虫網を持った子供達を見かけることが多い。それもお父さん同伴で。もしこういう小さなカメムシを捕らえたら虫かごに入れるであろうか?たぶん、もっと大きな昆虫を想定しているのではないだろうか。小さなものをこうしてクローズアップでじっくり見るには現地で撮影するのが一番だと思う。昆虫採集もいいけど撮影の方が自然へのストレスも少なくて良いのではないだろうか。捕らえてみて初めて分かることも多い。匂いだとか、動きの力強さだとか、死んだふりをするとかしないとか、あらゆる角度から眺めてみることが出来るとか。だから採集は否定しない。特に子供は。だが、撮影専門という観察スタイルももっとあっていいのではないかと思うわけである。これまでさんざん野鳥観察してきたので捕らえずに観察するだけというのはごく自然なのだ。

|

« カマキリ | トップページ | 食うものと食われるもの トラカミキリ »

カメムシ」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カマキリ | トップページ | 食うものと食われるもの トラカミキリ »