« 夏恒例の小田原往復 | トップページ | エダナナフシ訂正ナナフシモドキ »

2006.07.10

謎の生物の正体はオオミスジコウガイビル

Imgq223392

7月9日午前中、娘を英検に連れて行った後、妻と買出しに出かける。午後、四季の森公園に自転車で出かけてみた。今日はマウンテンバイクが修理中のためママチャリで。こちらの公園も正門が七夕で派手に飾られていた。幼稚園児であろうか。サッカーがうまくなりますようにとかの望みが短冊に拙い字で一生懸命書いてあった。母親の望みもたくさんぶら下がっていて微笑ましい。

園内では様々な自然を観察して回ったのだが、紹介したいのはこれ。岩場をうねうねとのたうつコイツ。まず思ったのはもちろんヘビ。しかし次の瞬間そうでないことに気づいた。よくみると先頭部には目や口を備えた頭部らしきものはなく、ただいかり型に広がっているだけである。幅はたぶん4mm程度。長さは数十cmと思われた。いったい何だこれ?思い浮かんだのはなんと回虫である。ヒトの体内に寄生して栄養分をこっそり少し盗み取り、消化管内でひっそりと生きているあれ、カイチュウだ。それが体外に排出されたものが大慌てしているところではないか?と思ったわけ(見たことも無いが)。でもそんなわけはないだろう。節はないようなのでミミズなどの節足動物ではないだろう。では軟体動物か。まったく分からない。

この日、他にもいろいろと面白い昆虫を観察したが、これが一番大発見だと思った。すみません、気持ち悪くて。この生き物が何か分かる方がいたら教えてくださいませ。よろしくお願いします。
(夜のココログが使えないせいで最近は朝投稿するパターンになってしまっている。)
イタリア優勝おめでとう!

Imgq22339

|

« 夏恒例の小田原往復 | トップページ | エダナナフシ訂正ナナフシモドキ »

★特選記事★」カテゴリの記事

その他生物」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

写真のUMAですが、
コウガイビルではないでしょうか?

植木鉢の裏側などの湿った場所に見かけることがありす。

ヒルと名がついていますが、血を吸うあのヒルとは別物で、
プラナリアに近い種類のようですよ。

投稿: MaCONEY | 2006.07.10 17:58

MaCONEYさん、ようこそ。調べましたらオオミスジコウガイビルというのにそっくりのようです。自分ひとりでは絶対に調べられなかったものと思います。ネットのすごいところですね。それにしても世界最大のコウガイビルで、しかも中国からの外来生物というのが驚きです。どうもありがとうございました!

投稿: はるきょん | 2006.07.10 19:46

はじめまして。
このいきもの、うちにも以前から、出没してそのたびに気になっていました。
 確か、7月9日に写真を撮って、ネット上を探してみようと思いつつ、そのまんまにしておりました。
 いつしか画像も消してしまい、忘れつつあったところ、はるきょん さま の記事で、正体を知ることになりました。
 もやもやとしたものが、少し晴れたような気分です。ありがとうございますっ。

投稿: タム氏 | 2006.07.20 02:36

タム氏さんこんばんは。もやもやが晴れてよかったですね。MaCONEYさんに感謝しましょう。んで、もしかしてご自宅にご出現ですか、それも複数回?それは大変でしたね。それがうちなら引っ越そうとかいう話になってしまったでしょう(笑)タム氏さんのブログなかなか味わいがありますね。

投稿: はるきょん | 2006.07.20 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏恒例の小田原往復 | トップページ | エダナナフシ訂正ナナフシモドキ »