« 謎の生物の正体はオオミスジコウガイビル | トップページ | セアカツノカメムシ »

2006.07.11

エダナナフシ訂正ナナフシモドキ

Imgq222522

四季の森公園にてナナフシを発見。ちょうど目の高さの幹にとまっていた。頭を上にして見事に伸び切っていた。動かないのでしばらく接写を楽しんだ。しっかしなんと言う形態であろうか。腹の先まで同じ太さの一本の小枝のよう。2対の肢をしっかりと広げてバランスをとっている。そして前肢は見事にまっすぐに伸ばし、その指先まで一直線で緩みも無い。水泳選手の水中姿勢や、高飛び込みの選手を上回る文句のつけようの無い伸びっぷりである。こうして写真をクローズアップでみるとまた新たに思う。変な顔!複眼は分かる。が、その下のぐるっと丸いものはいったい何?口か?驚異の自然だな。なんだかタコに似てないか?日本には18種のナナフシがいるらしい。地域種を除くとエダナナフシ、トゲナナフシあたりが普通種。で、これはエダナナフシではないかと思うのだが、確信はない。
ひとしきり観察して最後にちょっとだけいたずら心が顔をもたげてしまいちょっかいを出してみた。腹の先を少し指で触れてみたのだ。するとどうだろう。このナナフシは体を勢いよく左右に振りはじめた。ぎょっとした。なんだこの動きは!風に揺れる小枝には無い激しい動き。自分が驚いたことからこれは驚かせる意図があるのだろう。ごめんなさい>ナナフシさま。

★今日から48時間もメンテナンスとかでココログの投稿が出来なくなるようであるが、夜でもさくっと動くようになることを強く望むよ

Imgq22242
★その後ネットでいろいろ調べてみたらナナフシモドキのほうに近いのではないかと思うようになった。

|

« 謎の生物の正体はオオミスジコウガイビル | トップページ | セアカツノカメムシ »

その他昆虫」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謎の生物の正体はオオミスジコウガイビル | トップページ | セアカツノカメムシ »