« ツヤマルシラホシカメムシ | トップページ | 夏恒例の小田原往復 »

2006.07.08

アイコを収穫

Imgq22115

ミニトマトが今朝、初の収穫を迎えた。苗を植えてから約2ヶ月真っ赤に熟したやや細長めのミニトマト。小さいのにずっしりとした重みがあり、見るからにおいしそうだ。たったの一個だが嬉しい!

5月の連休明けに隣町の県会議員の園芸店で買ってきたトマトの苗二株。土は固まりにくく通気性、通水性が良いという粒状のものを選んでみた。鉢はなるべく大きく深く、根の張る領域が広くとれるものにした。また、ベランダで風が強いので強風時には移動させたり、風向きにあわせて鉢の向きを変えたりした。大きくなってくると支柱を2本仕立てにして、しかも強く結び過ぎないように加減して固定した。世話をして葉や茎に触れるたびに指につくトマトの甘く強い香りは驚きだった。原産地の環境を意識して水やりは控えめにした。これまで毎年いろんな野菜を育ててきたがナストマトアブラムシがつきやすく病気にもなり易いということが経験上分っていた。一個の収穫もできずに全滅という年もあった。なのであまり期待せずに、しかし希望は持って育ててきた。

数日前から赤みが強くなってきていたので今朝、そろそろどんなもんだろうかと思って触ってみたらぽろっと取れたのである。スーパーではミニトマトが房まるごとパックされて売られていたりするので、房ごと収穫するものかと思っていたのでちょっとビックリ。水できれいに洗って朝食中の妻に進呈した。感想は味が濃く、美味しいが皮が厚い!とのこと。アイコという品種であるがネットで調べてみたら、まさにそのような意図を持って開発された品種であることが分った。果汁が飛び散らないようにわざと果肉を厚くしているという....へぇそういうニーズがあるんですか。

これから実が続々と赤くなって行くので毎朝獲れたての完全無農薬のミニトマトを食べることができそうである。(収穫は一日に一個ぐらいだろうから家族ひとりずつ順番になりそう)あとは虫がつくのを見逃さないように毎朝よく観察して世話することにしたい。どんなアブラムシも決して容赦はしないぞ(笑)。(この笑いは我ながら奥が深い)

★これは昨日(7/7)朝のこと。夜のココログのせいで7/8の朝になって投稿。ぷんぷん

Imgq22118

|

« ツヤマルシラホシカメムシ | トップページ | 夏恒例の小田原往復 »

ベランダ園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、shenmamaと申します。
キビタキの件、有難うございました。
自分で本で調べられたのが、何とも嬉しいです。
いまでもあの鳴き声が忘れられません。
ところで、こちらは丁寧な観察と描写ですね。
是非これからお邪魔させてください。
宜しくお願いいたします。

投稿: shenmama | 2006.07.08 22:48

shenmamaさん、ようこそ。キビタキの写真いいのが撮れてよかったですね。実は自分も5月に一枚撮れたのですがshenmamaさんのにはかないません。URLをクリックしてみてください。あそうそう、キビタキの鳴き声も聞けるようになっていますよ。それはこちら
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/05/post_84a4.html

投稿: はるきょん | 2006.07.09 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツヤマルシラホシカメムシ | トップページ | 夏恒例の小田原往復 »