« キアゲハの幼虫 | トップページ | ウズラカメムシ »

2006.07.17

カマキリ

Imgq22690

7月16日、鶴見川土手を観察して歩いていて発見。異様に警戒心が強く、しきりに当方を注視している。圧倒的なサイズの差もなんのその、この剥きだしの敵対心はいったいどこから来るのか?まだ幼さの残る小さなカマキリではあるが、そのハートはしっかりと先祖伝来のカマキリの心を受け継いでいるようだ。長い肢、小さな頭に大きな鎌。肉食昆虫の中の肉食昆虫だ。

うちの図鑑にはオオカマキリ、コカマキリ、ハラビロカマキリ、ウスバカマキリ、ヒメカマキリの6種が掲載されているが、そのどれであるかは問題ではない。とにかくカマキリはカマキリ。ガチンコ格闘技の構えのカマキリ君。かっこいいぞ!君はいったい何頭身あるの?20頭身ぐらいか。前後左右にさっと動けるように広く取ったスタンス。脇をしめてやや下げ目の左右の鎌。警戒心あらわにじっと相手を注視。複眼の中に黒い一点が見えるが,これはどういうわけでこう見えるのか。単眼でじっとコチラを見ているように見える。

|

« キアゲハの幼虫 | トップページ | ウズラカメムシ »

その他昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キアゲハの幼虫 | トップページ | ウズラカメムシ »