« ニホンアマガエル | トップページ | コアシナガバチとホソヒラタアブ »

2006.08.18

右巻きの普通種 ミスジマイマイ?

Imgq23463

先週末の四季の森公園にて撮影。ま、カタツムリだ。だが調べてみると、日本には700種類ものカタツムリがいるらしい。まずはそのことに驚く。
殻の大きさが2cm以上で巻き方が右巻きなのでミスジマイマイか?
関東地方の普通種はミスジマイマイらしい。ヘソ穴があるかないかは触っていないので不明。というかヘソ穴って何?どこにあるの?

ちなみに左巻きというのは巻きの中心からスタートして外向きに進むときに右に曲がりながら進むなら右巻き、逆なら左巻きという、ということを今回初めてはっきりと分かった。中心から始めるのだ。(ただこのカタツムリも逆側から、つまり裏側から眺めれば右巻きなわけで上下の区別がつかないときは右巻きか左巻きか区別できないと思うのだが...)
ご覧のようにアジサイの葉にいた。いかにも典型的なパターンだと思う。この日はこういうカタツムリをあちらこちらでよく目にした。で、この写真を良く見ていると殻から出ている体の質感がねっとりと感じられる。かなり量がある感じがして、フランス人ではないが食べたらどんなもんだろう...とちょっと思った。

|

« ニホンアマガエル | トップページ | コアシナガバチとホソヒラタアブ »

その他生物」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニホンアマガエル | トップページ | コアシナガバチとホソヒラタアブ »