« クロシタアオイラガの幼虫 | トップページ | 右巻きの普通種 ミスジマイマイ? »

2006.08.17

ニホンアマガエル

Imgq23511
珍しく両生類をひとつ。ニホンアマガエルトノサマガエルっぽい模様をしているが、この小さなカエルはとができるので、周りの環境に合わせて保護色に変身する。よく目にするのはのっぺりと緑色だが、こういう模様にもなれるんだね。近寄りすぎた瞬間、おしっこを飛ばしながら逃げられてしまった。あぁ、ごめんよ>カエル君。昆虫とは異なる距離感妙に生々しい生き物としての存在感を感じちょっとドキドキしてしまった。こういうのを新鮮な感覚というのだろう。8月10日、四季の森公園にて。(あぁ、もう一週間も経つのか)

|

« クロシタアオイラガの幼虫 | トップページ | 右巻きの普通種 ミスジマイマイ? »

両生類」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
四季の森公園には、何でもいるのですね。色がちがうと別物のように感じられます。シェンロンの露天風呂にモリアオガエルがきて、こまります。子供が小学校の時、たまごを理科の先生に渡したら、玄関に水槽をおいておたまじゃくしを夏休みになるまで飼ってくれました。

投稿: shenmama | 2006.08.18 01:52

shenmamaさん、こんばんは。最近は新治市民の森よりも少しだけ近い四季の森公園に通っています。森あり池あり葦原あり、草原もありで結構広いのでいろいろな生き物と出会えます。ヘンな人も見ますけどね。

投稿: はるきょん | 2006.08.22 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロシタアオイラガの幼虫 | トップページ | 右巻きの普通種 ミスジマイマイ? »