« 白紋のモンキアゲハと白いヒガンバナ | トップページ | ニホンアカガエル@新治市民の森 »

2006.09.23

初秋の鶴見川ウォーク

Imgq24842

湿度が低く、風があり、天気が良いという素晴らしい条件の初秋の日をどう過ごそうか。家に閉じこもるなんてありえない。最近走っていないので走ろうか?マウンテンバイクで遠出しようか?結局、体調を考えて「歩く」ことにした。鶴見川を下ってみよう。ということで海賊帽とデジカメだけもって出かけた。

ミズナラは相変わらず虫に食われて汚い感じ。ドングリはなっていない。ミズナラのドングリ見たいのだがなぁ。川にはアオサギが妙な動きでエサを捕ろうとしていた。ふと足元に真っ白なものを見つけ立ち止まると、チョウの幼虫がカビにやられているのだった。まだ生きていたが、生き延びることはできないだろう。踏まれないように植え込みのほうへ移動しといてやった。昆虫が生きたままカビにやられるのを最近何度も目にしている。不思議だ。

シドモア桜はすっかり根付いてかなり大きくなっている。何年前に植えたのだろうか。時おり立ち止まって観察したり撮影したりする以外はすたすた歩く。時計を見ながら歩くと大体1秒に2歩。60秒で122歩ぐらいのペースだ。それで1キロをちょうど10分で進む。海賊帽をかぶると髪がつぶれて気持ちよくないのだが、日向ではかぶらざるを得ない。土手にしゃがんで三脚にセットしたカメラを構えている男がおり、ちょっと声をかけてみたら、カワセミを狙っているという。ちょっと恥ずかしげに答えたのは初心者だったのだろうか?NIKON+sigma500mmだったような。川向橋あたりにはカワウがいた。川のまん中の石に3羽とまっていた。冬季、セグロカモメが休み場にしている石だ。そろそろ来るころか。10月にはいってからだろうか。

ジョギングしている人がけっこう多い。そろそろレースへの出場のために「走りこみ」などやるシーズンだから。女性も何人かいた。しかし、それよりも自転車野郎が多い。今日は絶好の自転車日和だから当然だ。いいなぁ。だが、風は向かい風の東風。けっこう強い。さくさく歩くとけっこう汗をかくが、風が吹いているので涼しくて気持ちよい。

亀甲橋を過ぎたあたりで突然チョウゲンボウが目の前を急降下してきて驚いた。地面の何かを狙って失敗したようだった。色が淡色で幼鳥だったかもしれない。双眼鏡がないので詳しくは分からない。しばらく上空をひらひらと舞っている。が、手持ちのコンパクトデジカメでは歯が立たない。ちょっと悔しい。歩くか観察するかどっちかにしろと内なる声が叫ぶ。ということですたすた歩きながら目は何者も見逃さないように光らせる。キロ10分+観察3分ペースだ。

Imgq24838

1時間を越えると股関節の廻りが良くなってきたようだ。すたすた進む。前を歩く何人かを追い抜いた。綱島あたりでは東横線の橋脚工事がいつの間にか終わっていてすっきりしていた。少年野球が元気に練習している。それをお母さん達と小さな子が観ている。男の子を持つとこういう子育てもあるのだなぁ。河原には黄色の花が目立っている。キク科であろうか。花弁が9枚。河原はほとんどクズが覆い尽くしている。そして薄紫と紫のマメ科の花が少し目立たぬように咲いていた。クズってマメ科なのだ。花は可愛いんだがな。と、そのとき右側をウォーカーが追い抜いていった。おを!ウォーキングというか競歩っぽい歩き方だ。特に急いでいる様子は無いのにずんずんと遠ざかって行く。キロ8分ぐらいだろうか。ちょっと付いて行こうとしたがなかなか辛い。その男は鷹野大橋手前の人道橋を渡っていった。

鷹野大橋で約12km。園芸店の駐車場の自販機でちょっと休憩。ベンチもあるし。3分休んでまた歩き出す。こうして一度休むと関節がちょっとぎこちなくなる。少し歩けば戻るが。このあたりから川幅が広くなり下流の雰囲気が濃くなる。河原というものが無くなり両岸ともコンクリートに覆われ潤いがない。末吉橋はいつも道路を渡りにくい。すぐそばにある信号の加減で右行きの車の列が止まると左行きの車がやってくるのでなんとも悔しい。信号まで戻るのもさらに口惜しいし。が、なんとかタイミングを捉えて走って渡れた。

第二京浜手前の広大な工場跡地はふたつ目のマンションが出来ていた。間にはまだ広い土地があり、もうひとつ出来るのだろうか。国道を渡るとスーパー銭湯がある。いつも流行っている。平日は大人500円というから、普通の銭湯より100円高いだけ。一度入ってみたいと思っているが、今年の冬にでもラン+銭湯してみようか。

もりながのお菓子工場前ではボートの練習が何隻かいた。8人が漕ぎ、最後尾の一人だけが前方向を向く。エイトというやつだろう。オールの動きがなかなかそろわないなぁ。ウミネコが飛んできた。尾に黒い帯のあるカモメだ。冬にはユリカモメがたくさん見られるのだが今はまだ早い。道端のシロツメクサヒメアカタテハを発見。風が強いので飛ばされまいと必死でしがみついている。

JRの線路をくぐり、旧東海道にぶち当たる。キリの樹があったのでちょっと観察した。でっかい一枚葉だ。ピザより大きいのではないか。実もなっている。キリの実って食べられるんだろうか。材としては軽く、タンスなどに使われるのはよく知られている。鶴見駅前で遅めの昼食をとり、電車に乗った。座れたのでこっくりこっくりしながら(とても心地よかった!)帰宅した。ひさしぶりのウォークだった。これからスポーツの季節になる。嬉しい。

9月23日(土)
歩行距離:約16.5km
歩行時間:180分

Imgq24855

|

« 白紋のモンキアゲハと白いヒガンバナ | トップページ | ニホンアカガエル@新治市民の森 »

ウォーキング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

チョウ」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白紋のモンキアゲハと白いヒガンバナ | トップページ | ニホンアカガエル@新治市民の森 »