« 芸術的デザイン ホソバシャチホコ | トップページ | 懐中時計 »

2006.09.19

長い触角のキボシカミキリ

Imgq24596

9月16日、四季の森公園にて。ミズキの葉にこのカミキリムシを発見した。撮影しようと手を伸ばしたら、あっさり下にストンと落ちた。あぁ、こんなはずではなかったのにぃ。ちょっと普通のカミキリと気性が違うのか?ボードの下2mあたりの地面を眺めると黒地に黄色の星のあるカミキリムシが見えた。おお!動かずにおとなしくしているのでしばらく望遠で撮影したりして未練がましく眺めていたら、ふと甲(上翅)を開いたではないか。おっ、飛ぶのか?目を離さないように気をつけて見つめていると飛び上がったカミキリムシはぶーんとひとまわりしてなんと!自分の足元に止まったではないか。ラッキー!!!ゴマダラカミキリに似ている。触角は同じものを使っているのではないかと思うほどだ(そんなわけはないが)。体つきもそっくりだし。しかし、触角が長い。キボシカミキリ。イチジクなどの樹の幹や枝を食い荒らす大害虫だそうだ。これも先日のナガサキアゲハと同様、北に分布を広げているという。しかし、生木を食うのにこの長い触角は一体なんの約に立っているのであろうか?見当もつかない。いや、それより生木より栄養価の高い ものはいくらでもあるだろうに。

|

« 芸術的デザイン ホソバシャチホコ | トップページ | 懐中時計 »

カミキリ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸術的デザイン ホソバシャチホコ | トップページ | 懐中時計 »