« サンダーバード1号2号 | トップページ | バッタ類まとめて6種類 »

2006.10.02

ツマグロヒョウモンの幼虫と成虫♂

Imgq25002

9月30日、四季の森公園で見つけたトゲトゲの幼虫を調べてみたらツマグロヒョウモンであることが分かった。はじめはルリタテハかな?と思ったのだがちょっと色合いが違うのだった。かすかに青っぽい?黒地に鮮やかなオレンジ色のセンターライン。トゲトゲの中ほども同じオレンジ色。2色を効果的に使ったデザインと思う。この写真だけでは前後は判断できないなぁ。もう10月というこの時期にまだ羽化をしようというのか。急げ。

そして下は9月下旬、新治市民の森で見つけたツマグロヒョウモン♂の成虫。いけぶち広場下の湿地に数頭がにぎやかに乱舞していた。たしかに豹紋だ。そして翅の縁に黒っぽい連続した模様があり、これが端黒(つまぐろ)なのだろう。いい和名と思う。幼虫は黒がメインだが成虫ではそれが逆転してオレンジ色がメインになっているんだねぇ。そうそう、その場所はいつもトンボが乱舞するポイントなのだが、そのときはトンボはだいぶ数が少なくなっていた。

Imgq24649

|

« サンダーバード1号2号 | トップページ | バッタ類まとめて6種類 »

チョウ」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンダーバード1号2号 | トップページ | バッタ類まとめて6種類 »