« ハグロハバチ幼虫@鶴見川土手 | トップページ | 野鳥観察@新治市民の森 »

2006.11.02

ヒメアカタテハ@上山市民の森

Imgq25711  

ジョロウグモにエサをやって撮影・観察し、その野生の過酷さに半ば呆然としながら自転車に戻る道で、コスモスの美しい花が咲いていた。あまりに完璧なオレンジの色合いに人工的なものを感じ、これ遺伝子操作してねぇか?とか訝りながら見とれているとヒメアカタテハが飛んできた。きれいな個体だ。一心不乱に蜜を吸っている。たくさん撮影して自宅でPCで確認する。現場では見えないがPCでは顔つきまではっきりと分かる。蝶の口は長いストローであるが、眼とストローの間に突き出した部分があり(パルピというらしいが)そちらが口にようだ。その口から舌を出して蜜を舐めているように見えないだろうか。顔つきを見ているとキツネに似ていると思った。黒い触角の先の太くなった先端部の先半分は白い。複眼は黒くなく淡色で外人っぽい。

オレンジ色の他に、うす紫色のコスモスもあった。こちらは黄色のおしべの花粉の並びが美しい。あれ?おしべの形が全然違うぞ?これコスモスではないのか?どちらも花弁8枚で各花弁の先に切れ込みが入る似た形をしているのになぁ。

Imgq25701 Imgq25721 Imgq25722

|

« ハグロハバチ幼虫@鶴見川土手 | トップページ | 野鳥観察@新治市民の森 »

チョウ」カテゴリの記事

上山ふれあいの樹林」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

草本類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハグロハバチ幼虫@鶴見川土手 | トップページ | 野鳥観察@新治市民の森 »