« 「亥」篆刻 | トップページ | クロコノマチョウとベニシジミ »

2006.11.17

ナツアカネ@新治市民の森

Imgq26039

11月12日の新治市民の森にて。これも大正池の手前で撮影。いつもの手すりだ。よくトンボが止まる木製の手すりだ。全身が赤く、上翅、下翅にはそれぞれ褐色の縁紋がある。複眼は茶褐色。腹は幅広い。がんばって撮影したが、後になって気づいた。横から見た胸のパターンの絵がない。これではナツアカネアキアカネか識別できない。11月もそろそろ中旬であきも深まってきているので和名からしてナツアカネは無かろうとか...それは通じないらしい。ナツアカネも秋遅くまでいるようなのだ。黄色い部分が少ないのでナツアカネの♂のような気がする。

おまけ。10月15日、町田市の薬師池公園で撮影したトンボ。これも上に似ているが、腹の太さが尾に向かってまっすぐ狭まる感じが違うように見える。上のトンボは尾部の近くで一番太くなっている。こちらがアキアカネかも知れないが確信はまったくない。あぁトンボは難しい。トンボ図鑑を買うべきか?

Imgq25357

|

« 「亥」篆刻 | トップページ | クロコノマチョウとベニシジミ »

トンボ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「亥」篆刻 | トップページ | クロコノマチョウとベニシジミ »