« スギ対ヒノキ対サワラ@新治市民の森 | トップページ | ハーフマラソン@鶴見川 »

2006.11.27

紅葉@四季の森公園

Imgq26562

最近、注意深く近所の樹木の紅葉ぶりを見ていたが、そろそろいい時期となってきたので四季の森公園に行ってみた。まずは公園への小道に入り口、緑区役所前の街路樹。みごとに深紅に紅葉している。ところがこれが何の樹木かは不明。葉の写真を撮っておけばよかった。orz

Imgq26493

冒頭はイロハモミジと思われる。グラデーションのある紅葉。小さめで七つに分裂した葉だった。

Imgq26510
イタヤカエデ全縁(鋸歯がない)で葉の先がつんととがる。こちらは緑から黄色~橙色のグラデーション。葉は大きく、葉柄が長い

Imgq26519
最後はオオモミジ。大きな葉でイタヤカエデよりは葉の尖りが短い。後ろに写っている幹はクヌギ

コナラの葉は緑のものと黄色のもの、そして汚い茶色になったものが混ざっていた。全体には黄色が多い。地面にはクヌギなどの落ち葉がたくさん積もっていて、これからさらに落ち葉の季節になる。こうして地面に落ちた有機物は何ヶ月もかけて結局は無機質の土壌に混ざっていく。それがまた植物の栄養となり取り込まれてゆき....こうして豊かな土壌、豊かな森がつくられていく。

|

« スギ対ヒノキ対サワラ@新治市民の森 | トップページ | ハーフマラソン@鶴見川 »

四季の森公園」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

最後の写真、オオモミジと言うのですか?
とても好きです、この色合いが。
本当に綺麗・・・・。
紅葉もいろいろな顔を持っていますね。

投稿: bikki | 2006.11.27 20:48

bikkiさんこんばんは。紅葉する木として特に好まれるカエデ類には多くの品種があり細分化したりあるいは地域で特異な名でよんだりするので、こういう仲間は苦手です。が、代表的な物としてイタヤカエデ、イロハモミジ、オオモミジを紹介しました。これらのほかに切れ込みが9とか11とかのものに○○カエデというのがいくつかあります。まとにかくかわいいですよね。数日ではかなく消え去ってしまう美しさは春の桜にも似ていると思います。

投稿: はるきょん | 2006.11.28 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スギ対ヒノキ対サワラ@新治市民の森 | トップページ | ハーフマラソン@鶴見川 »