« MANHATTAN IS MY BEAT | トップページ | アカハバビロオオキノコムシ@新治市民の森 »

2006.11.22

サワラ@四季の森公園

Imgq26135

サワラはスギ、ヒノキに似た針葉樹。いずれも樹皮は赤っぽく逆さに剥ける。ただサワラは剥けにくいらしい。今度やってみようと思う。これらの針葉樹は基本的に背が非常に高く、葉を触ることは難しいので、落ち葉を拾うことになる。サワラの葉は三角の葉の組み合わせで出来ており、ツンツンとしたスギやY字の気孔が目立つヒノキとは識別は容易である。新治市民の森にも何本もある。林業用に植林されることもあるらしいが道志にはないと思われる。ご覧のサワラは幹が凸凹していて、とても材にはなりそうにない。やはり、苗から密植して育て続け、悪いものを間引きしていかなないとまっすぐで価値の高い材は取れないのであろう。この手間がすごくかかるわけだ。林業は。10月ごろひのき玉(前回の道志水源林ボランティア報告で紹介した)に似た球果をつけるがヒノキほど大きくはないらしい。今度ぜひ探してみたい。

Imgq26136 Imgq26141

|

« MANHATTAN IS MY BEAT | トップページ | アカハバビロオオキノコムシ@新治市民の森 »

四季の森公園」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MANHATTAN IS MY BEAT | トップページ | アカハバビロオオキノコムシ@新治市民の森 »