« ナカジロシタバ幼虫@上山市民の森 | トップページ | 道志水源林ボランティア報告#12 »

2006.11.07

秋のキノコたち

Imgq25823  

11月3日、新治市民の森にて。秋も深まりセミの声はもう聞こえない。でもアオマツムシコオロギの声が聞こえた。カケスのジャー!ジャー!という汚い声を背景に地面を探して回ると、こういうかわいいキノコを発見。昨年も見かけたような気がするが、名前は不明。キノコの秋となった。

Imgq25842

次に眼にとまったのがこれ。どう見てもシイタケだよな。うん、シイタケだ。かなりの肉厚で大きい。いただいて帰ろうかとかなり悩んだが、妻が受け取ってくれそうに無いこと(確か昨年同じことをして使ってくれなかったのだった)を考えて置いて帰った。

Imgq25889

さらにこれは11月5日に撮影したもの。小さいが鮮やかなオレンジ色のキノコだ。おとぎ話に出てくるようなかわいいキノコだ。これも手持ちの図鑑では和名不明。でも、なんとなく毒キノコっぽいかな。写真では分からないが左の一番大きいやつでも高さは2cmぐらいだった。同じく新治市民の森にて。

Imgq25659_1 

ついでに10月29日に上山市民の森で見つけたのはこれ。ツチグリかと思った?形が特徴的なので名前を知っていたのだが、図鑑で見るとどうも違うようだ。とにかくキノコの同定は手ごわく、食用か毒かはさらに不明ゆえ、見るだけだ。11/8追記:昨年、新治で見て調べたものと同じであった。エリマキツチグリ

|

« ナカジロシタバ幼虫@上山市民の森 | トップページ | 道志水源林ボランティア報告#12 »

キノコ」カテゴリの記事

上山ふれあいの樹林」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん、こんにちは。綺麗に撮れてますね。
当たり前ですけど、野生のシイタケってあるんですねぇ。
キノコは成長すると形が変わったりするので、散々調べてもコレだって判断しづらいですよね。自分も、いつも空しく「不明」となりますが、不思議と調べるのだけは止められません。
これからも悪あがきしましょう(笑)

投稿: 小鉄 | 2006.11.08 10:15

はるきょんさん、こんばんは。

キノコ・・・・血が騒ぎます(笑)。何故だかわかりませんが。
で、最後の写真のキノコはもしかして・・・・トリュフ?(爆)
と、勝手に自分で思い込みワクワクしながら、
また来て見たら「ツチグリ」・・・・
食用じゃないんですよね、きっと。ガッカリ。
ちなみにトリュフを日本では「松露」と雅な名前で呼ぶようです。

投稿: bikki | 2006.11.08 20:00

小鉄さんこんばんは。キノコについてはいい検索サイトがみつからないんですよ。いまいいシーズンなのでいろいろと調べたいんですがなかなかうまくいきません。いま少し検索サイトを検索中と。

投稿: はるきょん | 2006.11.08 21:25

bikkiさん、こんばんは。う~む、食欲で来ましたか(笑)。トリュフはうちのキノコ図鑑にも載っていてなんと日本でも発見されているそうですね。豚を使って探すというのも初めて知りました。見たこと無いので分かりませんが、直径5cmほどのジャガイモ形で炭化したダンゴのようであるというではありませんか。最初に食べた人はえらいと思います。上のツチグリは腐った和菓子が地面に落ちているような不思議な光景でした。このエリマキツチグリは食用には向かないらしいです。毒ではないようですが。

投稿: はるきょん | 2006.11.08 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナカジロシタバ幼虫@上山市民の森 | トップページ | 道志水源林ボランティア報告#12 »