« オオトビサシガメ@上山市民の森 | トップページ | ヒメアカタテハ@上山市民の森 »

2006.11.01

ハグロハバチ幼虫@鶴見川土手

Imgq25771

10月29日夕方、上山市民の森の帰り道、MTBなので気ままに遠回りして鶴見川土手をゆるゆるとポタリング。ジョウビタキはまだ見ない。オオバンもまだ見ない。ツバメはとうに居なくなった。ジョガーがちらほら、ウォーカーもちらほら、夫婦での散歩がちらほら、自転車が少し、昆虫はほとんど見かけない。と思ったとき目の端に昆虫らしき姿が見えた(ような気がした)。キューッ!MTBを停め、草を丹念に探す。と見つけたのがこれ、オジロアシナガゾウムシ。白黒のバク的模様のゾウムシだ。かがんで撮影しようとしたらこいつ意外と敏感で、本能的逃避行動にでた。つまり身を丸め脚も閉じて転がり落ちるのである。ところが残念なことに平らな葉の上に居たため、その場にころんと転がっただけで下に落ちることは無かった。その場にしゃがみ込んだだけと同じだった。ま、普通はこれで葉から下に落ち、捕食者の目から一瞬で逃れることが出来るのだが。ご覧のように、頑なに固まり続けていた。

で、ふと目をずらすとケムンパスを発見!一瞬セスジスズメかと思った。が、あちらは黒地だったので違うようだ。内部が黒い背は表面が白いのでグレーに見える。真っ黒い窓が約11個ならぶ。頭部は淡い橙色(右側)で、尾部もやや橙色みがかった黄色。腹は淡い黄色。毛は無いのでイモムシ型幼虫。いつものサイトで調べるとハグロハバチ幼虫と判明した。これもケムンパスドットコムに要追加。

Imgq25786

|

« オオトビサシガメ@上山市民の森 | トップページ | ヒメアカタテハ@上山市民の森 »

その他昆虫」カテゴリの記事

ゾウムシ」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオトビサシガメ@上山市民の森 | トップページ | ヒメアカタテハ@上山市民の森 »