« エネループカイロV2 | トップページ | アレチウリ@鶴見川土手 »

2006.12.14

この本が面白かった2006

Imgq26773

そろそろ年末をひかえ各種 BEST OF THE YEAR の発表があい次ぐ時期となった。
例のこのミスも発売され、今後の参考にしようと思っており、すでに「Improbable」(邦題は「数学的にありえない」)を入手した。

さて、今年の読書リストは以下の通り。前半はなぜか再読モノ、それも巨匠の。そして、その後はご覧の通りシドニーシェルダン、グリシャム、ディーバーばかり。唯一新鮮なのはアガサクリスティだけと非常に偏った傾向が明らかである。読書後数ヶ月経ってからその印象を思い出そうとすると、シドニーシェルダンの作品は不利である。題名を見ても何も思い出さないのだ。読んでいる間は面白くてページを繰るが、あとに残らない。したがって全体に評価は低くなってしまう。でも読んでいるときの評価は高いのだ。順位づけるほどのこともないのでこのままにしておこうと思う。ことしも大体一月に一冊のペーパーバックを読んだことになる。あぁ、一年が早い。

2006年読書リスト
読始 タイトル                 作者     評価
1/12 The fourth protocol                   フォーサイス ★★★★★ 再読
2/16 狂気のモザイク(上下)               ラドラム       ★★★★   再読(文庫)
3/6  殺戮のオデッセイ(上中下)          ラドラム       ★★★★★ 再読(文庫)
3/27 Are you afraid of the dark?         シェルダン   ★★
4/24 Blood line                                 シェルダン    ★★★
5/22 Murder on the Oriental express    アガサ         ★★★
6/5  The Stone Monkey                      ディーバー    ★★★★
7/7  Windmills of the Gods                シェルダン    ★★★
8/2  The doomsday conpiracy            シェルダン    ★★★
8/24 The runawy jury                       グリシャム    ★★★★
10/13 Nothing Lasts Forever               シェルダン    ★★★★
10/27 Manhattan Is My Beat               ディーバー    ★★
11/22 The King Of Torts                    グリシャム     ★★★★

冒頭の写真はThe King Of Torts 。311ページ/472ページを読んでいる途中。下はアマゾンの新書版ブックカバーをつけたところ。

Imgq26774

|

« エネループカイロV2 | トップページ | アレチウリ@鶴見川土手 »

ペーパーバック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エネループカイロV2 | トップページ | アレチウリ@鶴見川土手 »