« ドウダンツツジ | トップページ | 冬のサルスベリ@鶴見川土手 »

2006.12.18

トウネズミモチ@鶴見川土手

Imgq26781 Imgq26782

常緑樹である。枝から出ている葉は同じところから両側に二本出ているので対生。葉の縁にはギザギザがなくまっすぐすべすべしているので全縁(ぜんえん)。

対生、全縁、常緑。この三つの特徴だけでだいたい絞り込める。さらに小さなブドウのような丸い実があるのでこれはトウネズミモチであることが分かる。太陽にかざしてみたときにネズミモチの葉は透けず、トウネズミモチの葉はご覧のように葉脈が透けて見える葉の縁が少し明るい色であることも特徴。また、トウネズミモチは実が球形なのに対しネズミモチは楕円形。

ところで実にハエらしき昆虫が止まっていた。ほとんど動かない。どうやって冬を越すのだろうか。12月16日、鶴見川の土手にて。
下の透かした葉の写真は昨年8月上山町の萬蔵寺にて撮影したもの。ま、常緑樹なので夏の葉も冬の葉も変わりは無い(笑)。

Imgp1868

|

« ドウダンツツジ | トップページ | 冬のサルスベリ@鶴見川土手 »

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドウダンツツジ | トップページ | 冬のサルスベリ@鶴見川土手 »