« ニシキギ@鶴見川土手 | トップページ | ムクゲ@近所の公園 »

2006.12.08

ムクノキ@鶴見川土手

Imgq26632

ニレ科ムクノキ属ムクノキ
黄緑色の葉はいまどき珍しい。白っぽい樹皮には縦のすじひび割れの奥には肌色がのぞく。落ちていた葉はざらざらしていて葉脈がくっきりしている。葉の付け根から三本に分かれるいわゆる三行脈である。マンションの陰になっているため紅葉と落葉が遅いのか、あるいはもともとそういう性質なのか。黒っぽい1cmぐらいの実がなっていてメジロが食べていた。12月2日昼撮影。
そして夏の葉の写真は昨年6月のもの。陣ケ下渓谷公園にて撮影。実も見えている。
ニレ科のムクノキケヤキエノキアキニレはどれも落葉樹鋸歯あり、互生である。

Imgq26635 

Imgq26637Imgq26636  Imgp0096  Imgq266322

|

« ニシキギ@鶴見川土手 | トップページ | ムクゲ@近所の公園 »

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

鶴見川土手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニシキギ@鶴見川土手 | トップページ | ムクゲ@近所の公園 »