« アカガシ@新宿御苑 | トップページ | ららぽーと横浜オープン前夜 »

2007.01.19

ベニバナトチノキ@くすのき広場

Imgq27973 Imgq27980   

昨年の春、道志水源林ボランティアの集合地点である、横浜関内のくすのき広場ベニバナトチノキ可憐なピンクの花を見たのだった。出発間際のバスに乗車した状態だったのでわざわざ降りて撮影できなかった。降りて写しておけばよかったと後悔した。こいういうことはよくある。次のボランティアの回にはもちろん花は落ちていて、すっかり葉が繁っていたのだった。それでこのベニバナトチノキの場所はしっかり覚えているわけである。先日の日曜日に東神奈川からMM21、そして山下公園まで散策して歩いたときに、このことを思い出し、くすのき広場までよってベニバナトチノキに合いに来てみたわけだ。

久しぶりに見たら思ったほど大きくはなく、こんなに小さかったかと思った。樹高は3mも無いぐらい。複葉特有のスッキリした枝ぶり。そして大きな冬芽トチノキの冬芽はもっと全面褐色でべたべたした感じであるが、ベニバナはご覧のようにそれほどでもない。よく見ると葉芽の他に下側に枝芽らしきものが覗いている。奇跡的に残った葉柄が、対生であることを示している。

ベニバナトチノキはヨーロッパ産のセイヨウトチノキと北米産のアカバナトチノキの雑種だそうである。雑種と言うとなんだかかわいそうな印象がするが、美しい花を見るとそんな生い立ちなんてまったくなんの関係も無いと思う。今年の春は花をぜひともちゃんと観察したいので、無事に育ってくれよな。
あ、そうそう。トチノキの花もちゃんと観察したことが無いのに気づいた。トチノキ自体はあちこちにあるのだが花も実も見たことが無いぞ。雌雄異株なのか?

Imgq27983

|

« アカガシ@新宿御苑 | トップページ | ららぽーと横浜オープン前夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカガシ@新宿御苑 | トップページ | ららぽーと横浜オープン前夜 »