« アオジ@新治市民の森 | トップページ | オナガガモ@鶴見川 »

2007.02.01

愛用のプロミナー

Imgq27645  Imgq27696  

新治市民の森キセキレイ。1月7日、大正池脇の畑にて。この個体は妙に黄色味が強いような気がした。尾が長く全体にスッキリしてスマートな鳥だ。自分にはキチンキチンと鳴くように聴こえる。こいつの脚が黒い場合は(もちろん脚以外の部分にも違いはあるが)ツメナガセキレイなので珍鳥であるが、特殊な時期に特殊な場所でしか見たことは無い。双眼鏡+デジカメで撮影。

ツグミ。1月7日、四季の森公園にて。暗くシャッタースピードが遅くぶれぶれ。また、こちらを向いてくれずつれないツグミだった。うろこ状の黒い模様に赤茶色の翼。クゥクゥあるいはクィクィと独特の地鳴きが聴こえるとツグミを探すことになる。胸を張り、くちばしをやや上に向けた、ちょっと偉そうな態度でこちらを横目で見ていることが多い。いまだにカスミ網を使った密猟をする地方があるらしいが根絶されることを願う。これも双眼鏡+デジカメ。

愛用のプロミナーはコーワ製ジュニア直視型というもの。接眼レンズは20~60倍のズームであるが、画質が落ちるので20倍としてしか使っていない。ここ1~2年ほどは時々使っているが、それ以前はお蔵入りしていたので本当はオーバーホールが必要な状態。だましだまし使っている状況。えーっとかれこれ28~29年になろうとしている(笑)。学生のときバイトして貯めた金でこれを手にいれ、初めて持参した奄美大島合宿で、バスの中で一瞬目を離した隙に三脚ごと激しく倒し(倒れ)対物レンズ側の鏡筒が破損してしまい、本当に泣きたかったことを思い出した。破損部分はいまもそのままである。こういう気持ちは鮮明に覚えているものだなぁ。

Imgq27757

|

« アオジ@新治市民の森 | トップページ | オナガガモ@鶴見川 »

四季の森公園」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオジ@新治市民の森 | トップページ | オナガガモ@鶴見川 »