« IMPROBABLE by ADAM FAWER | トップページ | ムクロジ@川和町森会館 »

2007.02.20

麗峰富士山

Imgq28436

2月3日朝0734時、ほぼ真南から撮影。というか、新幹線の窓からだが。いつもはほぼ真東から見る富士山は左側に宝永山が見えるが、南から見るとこのように右側にくる。このように裾野まで含めた全身が見える富士山は、ここから見るのが正しい見方だと主張しているように思える。ふだんは丹沢・大山に遮られて上の1/3しか見えない。新富士あたりに住む人たちは毎日この雄姿を見あげることが出来るのだ。なんとも羨ましい限りである。しかし、本当に見事な脚線美いや曲線美であるなぁ。いつかは登ってやろうと思っているのだが、山小屋の寝床の状況や悲惨なトイレのことなどを耳にするにつけ、そういう現実を目にしたくない、美しいものは美しいままにしておきたいなどというナイーブな気持ちが湧いてくるのである。

|

« IMPROBABLE by ADAM FAWER | トップページ | ムクロジ@川和町森会館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旧東海道」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IMPROBABLE by ADAM FAWER | トップページ | ムクロジ@川和町森会館 »