« アカシデの新芽@四季の森公園 | トップページ | ララポート横浜訪問記 »

2007.03.23

ヤシャブシ類の花穂

Imgq29608 Imgq29610   

四季の森公園ヤシャブシに花穂が出ていた。黄色っぽい雄花が咲くはずだ。枝先につく。小さな花の集合体はよく見るとなんかイモムシに見えてくるのは自分だけか(笑)。地味なヤシャブシであるが一年のうち一番目立つ時期だろう、今が。3月17日撮影。

さて、下はおととい登った大山で見たオオバヤシャブシ。ちょっと分かり辛いが枝先には葉となる芽があり、枝の途中から花穂がでている。なぜか下にたくさん落ちていたのでじっくり見ることができた(枝の花穂は高くて届かなかった)。雄花の花穂はヤシャブシほど長くは無いがよく似ている。なんだかとっても複雑な構造をしているように見える。まん中にあるのは果実。こちらは昨年咲いた雌花の最後の姿。ちなみに雌雄同株で枝の先のほうに雌花がつくらしい(が見つからなかった)。3月21日撮影。

近縁の種なのに花のつき方が違う。こうしてそれぞれが個性を発揮していくことによって種の多様性が保たれ、その結果自然観察も面白い(あるいは難しい)ということになる。

Imgq29919

Imgq29925

|

« アカシデの新芽@四季の森公園 | トップページ | ララポート横浜訪問記 »

四季の森公園」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカシデの新芽@四季の森公園 | トップページ | ララポート横浜訪問記 »