« イロハモミジ新葉 | トップページ | マンサク栄枯盛衰@四季の森公園 »

2007.04.09

日本占領さる

Imgr0802  802 46

日曜日、四季の森公園に行った。池の水面から顔を出した岩にはカメがびっしり張り付いて甲羅干しをしていた。大きいのやら小さいのやらいたが、すべてミシシッピアカミミガメだった。見ようによっては単にユーモラスな光景であるが、狭い岩が日本列島で、アカミミガメがそれを占領しているように見えてしまった。イシガメはどこいった?クサガメはどこだ?

Imgr0846 さて花に昆虫に樹木に野鳥と忙しく観察して廻ったが、今回特筆したいのはアオゲラをバッチリ見れたこと。アオゲラはキョッっという鋭い声を出すのでその存在がわかる。が、ひとところにじっとしていることが少なく、するすると樹を登っていったり、回り込んだり、隣の樹に移ったりするのでなかなか見つけ難い。今回は辛抱強く目を凝らしていたら、飛び移るのが目に入ったのだ。視線を動かさずにそっと双眼鏡を目に当てると緑色の大きなキツツキが視野に入った。なんども見た鳥ではあるがどきどきした。コゲラのようにひとところをつつきまわすことはせずにするするっと登っていった。十秒程度は観察できたの満足。影しか映っていないが一応アオゲラの写真。

ウグイスも見れたが、そのとき下草をごそごそ移動していく存在があった。キジバトかトラツグミか?と思っていたらコジュケイのペアであった。こちらは写真なし。あとはカケス、アオジ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ハシブトガラス、キジバト、シロハラ、メジロ、ツバメ、コサギ、コゲラなど。

展示室の改装が始まっていた。花の開花時期を教えてくれるポスターが残念なことに一箇所間違っていることを係員に伝えておいたが、どうなることやら(サンシュサンシュと書いてあった)?
間違って覚える人がきっと出ると思うわけだ。

|

« イロハモミジ新葉 | トップページ | マンサク栄枯盛衰@四季の森公園 »

四季の森公園」カテゴリの記事

爬虫類」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イロハモミジ新葉 | トップページ | マンサク栄枯盛衰@四季の森公園 »