« ハンニバル・ライジング(上巻) | トップページ | マルバスミレ@陣ヶ下渓谷公園 »

2007.04.05

トウゴクミツバツツジ@上山ふれあいの樹林

Imgr0464 Imgr0529 

トウゴクミツバツツジ。この園芸種っぽいツツジは図鑑によるとトウゴクミツバツツジらしい。おしべが5本ではなく10本ある。大き目の花で薄紫が美しい。薄暗い林内にひっそりとしかも可憐に咲いていた。横向きに開いた花弁。水平に伸び先が上を向くおしべ。いずれも昆虫の動きを意識した形態なのであろうが、それが華麗に感じる。レンギョウや桜と同じく花の後に葉が出るらしく、まだ開いた葉は一枚もなかった。葉は三枚づつトリオになって枝先につくのでミツバツツジというらしい。ミツバツツジに比べて葉柄に毛が密にあるのが葉での識別点というので葉が出てから確かめに行こう。

サクラが満開で綺麗だった。その足元のレンギョウも黄色も美しかった。サクラの向こう側にはバラ科の桃色の花が咲いていた。ウメでもなくモモでもない変わった形の実がなる樹で、以前から不明種のままにしてある(泣)。さて、写真でサクラを思った通りに表現するのは難しい。もっと焦点距離の短いレンズが欲しいとも思う。全体を写しきることが出来ない。だがなにより、障害物なく全景を写せるサクラがなかなか存在しないということだ。電線や電柱、フェンス、看板、ゴミ置場などなど。様々な余計なものがサクラの回りを汚染している。また背景にも不自然な(いや、サクラに似合わない)建物があったりするのだ。このあたりはここ一週間ほどサクラを撮影した全国数百万人の同意を得られるのではないかと思う(笑)。
いずれも上山ふれあいの樹林にて、3月31日。

|

« ハンニバル・ライジング(上巻) | トップページ | マルバスミレ@陣ヶ下渓谷公園 »

上山ふれあいの樹林」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンニバル・ライジング(上巻) | トップページ | マルバスミレ@陣ヶ下渓谷公園 »