« すばらしいトチノキを発見 | トップページ | ウワミズザクラの花穂@新治市民の森 »

2007.04.14

道志水源林ボランティア報告#13

Imgr1027 Imgr1022   

今年もまた道志水源林ボランティアの活動が始まった。これで自分としては3年目、13回目となる。半年振りではあるがいつものように横浜関内のくすのき広場に7時半に集合し、大型バスにのって山梨県道志村に行った。年度最初の活動とあって欠席率が低く、バスは満員であった。道志村では明け方まで雨が降っていたそうだが、快晴の良い天気となった。現地でもちっとも寒くなく、肉体労働にはちょうど良い気候だった。

今回はやや斜面がきついやや明るいスギ林の間伐をした。午前午後の合計で9本を処理した。梯子に登ってのロープ架け、受け口切り、引っ張り隊、玉切り、運搬などひと通りの作業をこなした。斜面で足場が悪いのと、放置されたスギの枝は1mぐらいで弓のように曲がったものが多く、端っこを踏むと逆側が飛び上がって足に引っかかって転びそうになるということがしばしばであった。大して汗はかかなかったのだが想定以上に喉が渇き、ボトル二本でぎりぎり足りた。林の中にも時折り風が通り、心地よかった。

帰りがけに寄った道志みちの駅には新しい施設が出来ていて驚いた。繁盛しているなら結構なことである。そしてまたツーリングの大型バイクの多さにおったまげ。豪華な革ジャンの軍団。相模ナンバーそしてハーレーカワサキが多かった。

Imgr1012

昼休みに林分の隣の自然林を観察していたらこんなのが出てきてびっくりした。1.2mぐらいあった。アオダイショウと思われる。テラテラ光るうろこが綺麗だったが、やはりぞくぞくした。静かに見ていたらしずしずと向こう側へ流れていった。

Imgr0979

スギの樹皮にしがみついていたのはカニグモと思われる。黄色いビニール紐はこのスギが間伐対象であることの印。人間によって植えられ、30年後にこれ以上生き長らえる可能性を絶たれたスギである。このクモは第一第二第三脚の腿節(一番体に近い部分)が真っ黒い。腹部の模様もそれっぽいのでアズマカニグモの♂ではないかと思う。

オビボソカニグモではないかというご指摘をいただいたので写真を追加して入れ替えました。3枚しかなくしかもあまり変わり映えはしませんが。 2013/12/17

間伐作業の具体的な内容はこちらを参照ください。
12回目 06年11月8日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/11/post_fd9e.html
11回目 06年9月13日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/09/post_d8b7.html
10回目 06年7月20日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/07/post_bd9a.html
9回目  06年6月7日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/06/9_be5a.html
8回目  06年5月13日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/05/post_e73e.html
7回目  06年4月9日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/04/post_9b6c.html
6回目  05年10月16日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2005/10/post_952d.html
5回目  05年10月6日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2005/10/post_292a.html
4回目  05年9月15日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2005/09/4_d122.html
3回目  05年9月3日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2005/09/post_e9a6.html
2回目  05年8月10日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2005/08/post_105e.html
1回目  05年7月23日
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2005/07/post_9b6c.html

|

« すばらしいトチノキを発見 | トップページ | ウワミズザクラの花穂@新治市民の森 »

クモ」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

爬虫類」カテゴリの記事

道志村」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

この「アズマカニグモ♂」なのですが、
斑紋から「オビボソカニグモ」のように思います。
採集記録は少ないようです。

宜しくお願いします。

投稿: クモ好き | 2013.12.17 14:24

クモ好きさんこんばんは。6年半も前の記事にコメントありがとうございますhappy01。最近はあまりクモを見てないので久しぶりに図鑑をひも解いてみました。オビボソにたしかに似ていますね。もしわかったら教えてほしいのですがこれは♂でしょうか♀でしょうか。

投稿: はるきょん | 2013.12.17 20:59

こんばんは。

そうですね、♂なのか♀なのかですが、
この写真ではいまいち判断しかねます。
もし、これが成体または亜成体であれば♀なのですが
幼体であるならば♂にも♀にもなる可能性があるため
なんとも言えません。
ただ、成体の出現期が5月~9月と書かれているので
♀成体または♀亜成体の可能性が高いと思います。

ちなみに、調べたところ山梨県での正式な記録はないようです。

投稿: クモ好き | 2013.12.17 21:21

クモ好きさんありがとうございます。古いフォルダを探してみたら3枚写っていたので合成して写真を入れ替えました。写りが悪いのであまり参考にはならないとは思いますが一応できるだけの情報を開示したいということで。この日は4月14日でしたので時期的に幼体や亜成体の可能性が高いということですね。なるほどです。ネットで調べるとオビボソは珍品というような存在なのですね。びっくりです。

投稿: はるきょん | 2013.12.17 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すばらしいトチノキを発見 | トップページ | ウワミズザクラの花穂@新治市民の森 »