« キスジトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | クロハナムグリとコアオハナムグリ@新治市民の森 »

2007.05.30

キイロトラカミキリ@新治市民の森

あごのアテローマがまたぞろ気になりだしてきた。仁丹2個分ほどのはりなので痛みは無いのだが、微かに密かにしかも確実にふくらみを増しているのが分かる。そこで思い立ったが吉日と、安全ピンで穴を空けよう。ハクキンカイロの箱からライターを出し、ピンの先端をあぶった。すると煤がついて真っ黒になってしまった。しかたなく水でススを洗い流しタオルで拭き、再度あぶった。鏡に近づいて位置を確かめながらぷすっと刺す。痛みはあまり無い。針先はけっこうスムーズに皮膚に入っていく。穴を二つほどあけ、おもむろに周辺の皮膚を大きくつまんで圧力をかける。
ぽっと赤い血の球が二つできた。そして、それとは別の場所から細いにゅるにゅるがぴゅうと出てきた。おお!せっかくあけた穴からではなく、前回切開して出来た痕跡から内容物が出たのであった。
そうくるならば作戦変更で、その穴を集中的に攻め、ティッシュで拭きながらなんども内容物を搾り出した。幸いなことに血はすぐに止まった。ひとしきりアテローマ殲滅作戦を挙行すると我が顎は赤くはれてしまった。がアテローマはだいぶしぼみ、仁丹1個分ほどになった。後は水で何度か洗ってオロナイン軟膏を塗っておしまい。これでまた3ヶ月ぐらいは大丈夫だろう。次回は穴などあけずに最初からこの作戦で行こうと思う。以下はご参考に。urlを直に見せるのはだんだん美しくないと思うようになってきた。
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2006/05/post_fed2.html
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2007/01/post_15b6.html
http://halcyon.cocolog-nifty.com/halcyon/2007/02/post_2494.html

Imgr3466
これはコナラの樹を一本ずつ見ていたときに黄色い虫が飛んできて止まったもの。初めて見る色合いのカミキリだったのでちょっと興奮した。見ていると黄色なんだか違うんだかとても微妙な色合いに感じた。特徴のある黒斑もよく見ると味のある複雑な模様である。ラミーカミキリの仲間かなぁとおもって調べたが該当するものが見つからず、だいぶ苦労した。図鑑の標本写真では黄色っぽい色合いがさらに褪せてしまっていてまったく目立たないものになっていたからだ。これはカミキリとしては触角は短いほうだろう。キイロトラカミキリ。初見。5月26日、新治市民の森にて。

|

« キスジトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | クロハナムグリとコアオハナムグリ@新治市民の森 »

アテローマ」カテゴリの記事

カミキリ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

はるきょんさん はじめまして。44と申す者です。
いつも楽しく拝見しております。

私は昆虫採集を趣味としていまして、新治市民の森にもよく行きます。
(採集家は被写体を「採って」しまうので、カメラマンの方には嫌われがちなのですが…申し訳ないです^^;)
キイロトラカミキリは新治、ひいては県内でも割と珍しい種類なようなので、
観察できたのはラッキーかもしれませんね!

しかし、キイロトラカミキリは美しいカミキリですよね。
この黄色は上手く標本に残らないことも多く、
やはりそういった点では写真も素晴らしいものだなあ、と感じた次第です。

それでは、失礼いたします~。

投稿: 44 | 2007.05.31 22:55

44さん、ようこそ。キイロトラは割と珍しかったわけですね。虫屋ではないのでこういう基本的知識が欠けているので教えていただいてありがたいです。

投稿: はるきょん | 2007.06.01 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キスジトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | クロハナムグリとコアオハナムグリ@新治市民の森 »