« オリーブアナアキゾウムシ@新治市民の森 | トップページ | シロジュウシホシテントウ@新治市民の森 »

2007.05.07

アケビコウボウハバチとミノウスバ

The Shadow of the Wind (邦題「風の影」)はゆっくり読み進んでいる。主人公がのめりこむ本の作者はJulian Carax なのだが昨日立ち寄った本屋でちら見した文庫本では「リアン」となっていておやっ?と思った。で先ほどWikipediaで調べたところスペイン語では子音Jの発音がHに似た物になるという。さて今ちょうど30章を読み終えたところでちょうど半分である。文学作品というのはシドニーシェルダンと違って読み飛ばしても面白いということがないのでゆっくりである。久しぶりに通勤電車に乗ったのでだいぶ前から読み直したのでだいぶロスあり。5月いっぱいぐらいかかるかも。
Imgr2129
さて、だんだんイモムシ毛虫が見られるようになってきた。最近観察した中で種類が判明した2種を紹介する。まずは新治市民の森で見たアケビコウボウハバチ。腹脚の数で種類が分かるらしいという。これだと7脚なのだろうか。白い体には黒い星が点々とある。真っ白いというよりはオフホワイトかな。片栗粉をまぶしたつきたての餅のような、あるいはあずき大福のような質感だ。この場合は左が頭であることは明らかと思う。元の写真は縦(左が上)であるが掲載の都合上横にした。5月3日の撮影。
Imgr2485
次は四季の森公園にで見たミノウスバ(蛾です)。短くやや太目の変わった形のイモムシだった。微妙に細い毛があるので毛虫なのかも知れないが。上面がご覧のように黄色で縦に7筋ほどの線がある。こういう姿であるためネットでの調査は楽だった。こちらはどっちが頭かはちょっと自信なし。腹脚は4本か5本かなぁ。5月5日の撮影。

本日ゲットした有用なノウハウ「腹脚の数と昆虫の種類の関係」
ハバチ          5~7
チョウ       ほとんど5
ガ            1~4
シャクガ         3
ハエ類          0
キバチ、アシナガバチ 0
甲虫           0
(あちらこちらに掲載されているものをざっと集めただけなので保障の限りではない)

|

« オリーブアナアキゾウムシ@新治市民の森 | トップページ | シロジュウシホシテントウ@新治市民の森 »

ペーパーバック」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

幼虫」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリーブアナアキゾウムシ@新治市民の森 | トップページ | シロジュウシホシテントウ@新治市民の森 »