« キイロサナエ?とヤマサナエ@新治市民の森 | トップページ | ハネビロハナカミキリ@新治市民の森 »

2007.05.27

エグリトラカミキリ@新治市民の森

今日は本当は高尾山~陣場山往復を走りに行こうかと思っていたのだが、夜から妙におなかの調子が悪く、断念した。午前中、代わりにダイクマ裏の上山ふれあいの樹林の山道をぐるりと回るコースを3周ほどしてカロリーを消費した。急な階段や山道を駆け上るとスピードが遅くてもかなりの負荷がかかり心臓ばくばく状態になる。心臓の容量(一度の拍で送出する血液量)が大きければ心拍数はそれほどあがらないが、小さければ回数を多くしないと追いつかない。車のエンジンの排気量のようなものだ。SEIKOパルスグラフは左手の人差し指の静脈を監視することで心拍数を実測し記憶することが出来る。今日は最高189拍/分であった。ちょうど38’00”。距離は7.3km。平均心拍数は166。平均ピッチは168歩/分だった。標高差はたぶん30m程度。樹林の中はシラカシの落ち葉がびっしりと被いつくし、なかなか土に返らない常緑樹の葉ゆえ、つるつるしてだいぶ滑って走りづらかった。気温が高くしかも湿度が低く、日差しも強く、薄ぐもりの雲を通して強烈な夏の紫外線が降り注ぐのを感じた。ドライアーの熱風の中を走っているようなものと感じた。帰ってシャワー後、なかなか汗がひかなかった。サッシを開けて網戸にして風を入れて涼む。外を見渡すと全体に黄色っぽく霞んでいる。黄砂ではないだろうか。こんなところまで飛んでくるとは莫大な量の砂がアジア大陸中央部から削られているということだぁ。なんだかすごいことだ。
Imgr3219
先週からカミキリムシが多く見られるようになってきている。新治で見たカミキリを紹介しよう。森を巡回しているとコナラの倒木があったので何か居ないかなっと探してみると....居ました居ました!カミキリムシが。昨年も見た覚えのあるエグリトラカミキリクロトラに似ているのだがかすかに違うというやつ。動きが速くてなかなか撮影できない。いったい、何をしているのか?倒木の表面をあっちへいったりこっちに来たり。エサは植物性だろ?カミキリムシなんだから。産卵場所を探すのにそんなに忙しく行ったり来たりはせんだろうから、いったい何してるのか?5月20日、新治市民の森にて。
さて、昨日も同様の場所にエグリトラは居た。今回はエグリトラであるということの確認のために、少々失礼をして左手に御招待してしばし大人しくしていただき、その間に下の写真を撮った。甲の先端がかすかに尖っているのが分かるであろうか。これがエグリトラの証拠だそうだ。見ているとエグリトラよりも少し小さい同様の模様のカミキリ(アリっぽい動き)も居るようで、体の大小のバラエティがあるのか、それとも別種が混じっているのか良く分からなかった。捕獲しないと確かめられないな。5月26日、新治市民の森にて。
Imgr3344

|

« キイロサナエ?とヤマサナエ@新治市民の森 | トップページ | ハネビロハナカミキリ@新治市民の森 »

カミキリ」カテゴリの記事

ジョギング」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キイロサナエ?とヤマサナエ@新治市民の森 | トップページ | ハネビロハナカミキリ@新治市民の森 »