« キイロトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | ツチカメムシ@鴨居原市民の森 »

2007.05.31

クロハナムグリとコアオハナムグリ@新治市民の森

夕刻より突然始まった激しい雨と落雷。ちょうど帰宅時にぶつかり、横浜線が町田止まりになったり、電車の超近くで落雷があったり、駅でだいぶ止まったり、大混雑したりで、今日もヘトヘト。十分程度の間に何発もの雷が落ちた。雷の電気エネルギーはかなりのものなのでなんとか利用できないものか。日本に落ちる雷の1%でもゲットできれば化石燃料は不要になるのではないか。誰かまじめに研究していないのだろうか。日本にはいないだろうなぁ。アホらしいとか言って。でもアメリカには居るだろうなぁ。レーダーを備えた特殊飛行船で雷雲を捜し求めてうろうろし、雷の直撃を受けるべく果敢に雷雲の直下に入る。うまく直撃を受ければ地上の被害を減らせるし、莫大なエネルギーを一瞬にしてゲットできる。どうやったらエネルギーを受け取って貯めることが出来るかだな(笑)。そういえば、今は雷も雨も収まっていて、なんだかタイミング悪し。
Imgr3043 
新治市民の森で5月26日に見たハナムグリの仲間は2種類。コアオハナムグリウツギの白い花に全身どっぷりうずもれて貪食していた。なかば酔っているのではないかと思うほど没頭していたので引き剥がすのが大変だった。左手に御招待すると呆然としていつまでもじっとしていた。花粉にまみれた甲の毛は磁力線に沿って並ぶ砂鉄が磁場を表しているようも見える
Imgr3217
ハナムグリの仲間は怠惰な感じのヤツが多いが、このクロハナムグリもそうで、キイロトラカミキリの居たコナラ倒木の襞に頭を突っ込んだままピクリとも動かなかった。昼間から寝ていたのだろうか。姿はご覧のようにすすけたような感じに黒くQRコード的なデジタルっぽい形のバフ色の斑点があり精悍な印象がする。このハナムグリ君は左手へのご招待は遠慮しといた。クロハナムグリは初見。

|

« キイロトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | ツチカメムシ@鴨居原市民の森 »

コガネムシ」カテゴリの記事

サイエンス」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キイロトラカミキリ@新治市民の森 | トップページ | ツチカメムシ@鴨居原市民の森 »