« ミドリカミキリ@新治市民の森 | トップページ | ムツボシタマムシ@鴨居原市民の森 »

2007.05.22

ササグモとネコハエトリ@鴨居原市民の森

今日、帰りの電車でやっと、THE SHADOW OF THE WIND を読み終えた。スペインはバルセロナ、戦時下の愛と憎しみ、友情、裏切り、逃亡、追跡、暴力、、、盛りだくさんの要素の詰まった青春群像といってしまおう。正直かなり苦しかった。あまり楽しめた気はしない。やはりさくっと読めるお手軽小説が向いているようだ。明日からはまたまたシドニーシェルダンでTELL ME YOUR DREAMSだ。
Imgr2991 Imgr2995 
妙に脚の短いハエトリグモはネコハエトリの幼体。大きめの個体だった。栄養状態は良いのだろうか。この春見かけるハエトリグモはどれも秋に見かけたものよりも大きいような気がする。畑の境界にある植え込みに陣取っていた。場所が良いのかもしれない。カメラを近づけすぎて葉の裏に瞬間移動されて驚いた。目の前から消えたのだ。素晴らしい俊敏さである。葉の裏に指を近づけると元の位置にまた瞬間移動して出てきてくれた(笑)。
クモには八つの眼があるが、前面に四つ並んだ眼と頭胸部の真ん中あたり、耳ぐらいの位置にひとつ光る眼が分かるであろうか。その眼と前面端の眼の間に小さな眼がある。

Imgr2993

これはネコハエトリのすぐ近くの葉にいたササグモ。♀のようだ。緑と茶色の絶妙の色使いが渋い!脚のトゲトゲが目立つ。和風の色合いなのになんとなく西洋風のスマートさを感じる。網を張らずに獲物に跳びかかるという。なかなかかっこいいぞ。
いずれも5月19日、鴨居原市民の森にて撮影。

|

« ミドリカミキリ@新治市民の森 | トップページ | ムツボシタマムシ@鴨居原市民の森 »

クモ」カテゴリの記事

ペーパーバック」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鴨居原市民の森」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
クモの足って人間で言ったら毛むくじゃら
写真に撮るとよく見えますね
蝶を撮った時も毛深いので驚きました
クモの8個の目はなぜそんなに光ってるの?
つぶらな瞳で勘違いさせる気?
なんだかかわいく見えるのはなぜでしょう

投稿: エフ | 2007.05.22 21:12

エフさん、ハエトリグモ可愛いでしょ。前の中央のふたつの眼が大きいので二眼に見え、さらに視線を合わせるので眼と眼がばっちり合うわけですな。実物は動きもちょこまかとしてコミカルなのですよ。自分もこの魅力にはまっています。しかし今のところ、ハエトリグモ以外のクモではあまり可愛いという気持ちは起きていません。

投稿: はるきょん | 2007.05.23 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミドリカミキリ@新治市民の森 | トップページ | ムツボシタマムシ@鴨居原市民の森 »