« クロハナムグリとコアオハナムグリ@新治市民の森 | トップページ | 高尾~陣馬往復ラン »

2007.06.01

ツチカメムシ@鴨居原市民の森

中澤のボンバーヘッドによる先取点、おめでとう。高原の素晴らしく見事な流れるようなゴール、おめでとう。後半は憲剛あたり点とらないかな。^^; サッカー日本代表vsモンテネグロ代表の話です。
Imgr2975
最初これはゴキブリだと思った。でも家に入ってくるようなゴキではなく野生のゴキブリだから撮影してやろうと思ったわけだ。ご覧のように地面にいた。落ち葉の下にもぐりこんでいたのがさささっと走り出して別の落ち葉に逃げ込む。そっと葉を持ち上げるとまたさささ~~~と走って逃げ何かの下に頭を突っ込む。走り方が結構早く、その隙間に逃げ込む習性からしてゴキブリと思うのは当然である。だがちょっと変わった丸い形の虫を撮影しようと自分も必死になり、手で触らぬようにしながら逃げるコースを消して行き逃げられなくなって停止したところをすかさず撮影したのがこれ。脚に強いトゲがある。触角の形はゴキブリそのもの。黒光りするコイツはなんとかマルゴキブリとかいうのだろうと思っていた。家に帰って図鑑を調べると、該当するゴキブリはないようだ。で、念のためにカメムシを調べてみたら、なんとツチカメムシにピッタリではないか。君、カメムシだったの? 走って素早く逃げる習性をもつカメムシがいるとは知らなかった。でもがんばって撮影しといてよかったと思う。植物の根を吸うのだという。このカメムシはゴキブリに擬態したものだと思う。だが......いったい何のために????人を避けるためか。それとも、地表で物陰に隠れて生活し、堅い甲を持たない昆虫は平べったくなり脚に毛が生え、足が速くなるというのは必然なのであろうか。カメムシであっても。5月19日、鴨居原市民の森にて。

|

« クロハナムグリとコアオハナムグリ@新治市民の森 | トップページ | 高尾~陣馬往復ラン »

カメムシ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鴨居原市民の森」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
まさか星一徹だったとは・・・
バルト海周辺の国とは
エストニア(把瑠都の出身地)
他は悲しいかなハテナです
頼れるお父さん欲しいです
このツチカメムシは古代の
化石になってる昆虫みたいですね
羽があるから飛ぶんですよね?

投稿: エフ | 2007.06.01 21:14

エフさん、こんばんは。ツチカメムシが飛んできたらパニックですね。ゴキとほぼ一緒ですから。バルト三国はラ・リ・エと覚えさせました。ロシアの飛び地っつうのもあるんですよね。バルト海には。来週にはもう忘れそうですが(笑)。

投稿: はるきょん | 2007.06.02 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロハナムグリとコアオハナムグリ@新治市民の森 | トップページ | 高尾~陣馬往復ラン »