« オオシロカネグモ@四季の森公園 | トップページ | チャマダラヒゲナガゾウムシ@新治市民の森 »

2007.06.20

イチモンジハムシ@新治市民の森

Imgr4219  Imgr4224
新治市民の森の小路に咲いていたアジサイの横にこの小さなハムシを見つけた。胸が黄色く黒い小さな黒い斑点が四つ横に並んでいる。胸以外は黒。触角は10節からなるようだ。これだけ明確な特徴があるにも関わらず図鑑では判明しなかった。雰囲気でヨツボシハムシかなぁと思ったので索引を調べたら、なんとちゃんとあるではないかヨツボシハムシが。そのページを見るとそこには全身黄色で甲に黒い斑が四つあるハムシが掲載されていた。さらにヨツキボシハムシというのもあり。こちらは全身黒で甲に橙色の斑を4つ持つハムシだった。

ネットでハムシをいろいろと調べたところ、胸に四つの黒星を並べたものが見つかった。だが、なんとオキナワイチモンジハムシ!一瞬飛び上がりそうになった。どきどきした。もしや南方の沖縄に居るはずのハムシが新治で見つかったということか?生息地を確かめてみるとやはり沖縄である。おお!胸によっつの黒星がある。そして、さらに調べていくと、?イチモンジハムシというものが居ることも分かった。おや?写真を見るとそっくりであった。な~~~~んだ。イチモンジハムシか。先にイチモンジハムシが出てくれれば余計なドキドキをせずに済んだものを。などと毒づきながらもこの些細な出来事にまんざらでもないはるきょんであった。さて、何故このルックスの昆虫がイチモンジハムシと命名されるのか?全くもって意図がわからない。ヨツボシが既に別の種が居るのならヨツテンハムシってのはどうか。ハムシはだいたいどの種もテラテラと光る漆塗りのような質感を持ち、単純なデザインのモノが多く、地味だが好きである。しかし最近イチモンジ何とかという昆虫に良く出会う(笑)。6月17日、新治市民の森にて。

|

« オオシロカネグモ@四季の森公園 | トップページ | チャマダラヒゲナガゾウムシ@新治市民の森 »

ハムシ」カテゴリの記事

新治市民の森」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオシロカネグモ@四季の森公園 | トップページ | チャマダラヒゲナガゾウムシ@新治市民の森 »