« オオモンシロナガカメムシ@四季の森公園 | トップページ | ヒゲナガオトシブミ@道志村 »

2007.06.07

リンゴコフキハムシ@四季の森公園

Tell me your dreams
最近亡くなったシドニーシェルダンの比較的新しい作品。ある若い女性が連続殺人事件を起こしてしまいつかまる。証拠は明らかに彼女の犯行を証明している。だが、嘘発見器にかけても彼女は知らない、と。裁判でMultiple Personality Disorderを理由とした弁護が繰り広げられる。ジョングリシャム的な裁判シーンがさくさくと進みなかなか心地よい。ものすごく読みやすいのは、文章が短く、複雑な構造の文章がないこと、難しい単語を使ってないこと、難しい表現をしないことが要因と思われる。次ページが読みたいという欲求を持って読むのでずんずん進む。昨日の帰りがけに読み終えた。即引き続き同作者の次作を読み始めても良かったのだが、たまにはbreakを入れてiPOD竹内まりや(笑)を聴くきながらの出勤とした。「突然の贈り物」が良かった。そういえば昨夜NHKで大貫妙子をやっていて懐かしかった。この曲、そもそも彼女の曲だし。先日ららぽーとhmvで竹内まりやのCDを買った。「戻っておいで・私の時間」をまた聞きたかったからなのだが、自宅に戻って聴いてみるとなんとオリジナルとは違う編曲だった。この残念無念さをどう表現してくれようかorz。iTunesにも無かったし、他のネットでもダウンロードできるようなサイトはないようだし、そうなるとますますなんとかして入手したくなっている今日この頃である(笑)。
Imgr3776

白っぽいこの虫は何の仲間なのか最初見当がつかなかった。図鑑をブラウズしまくったが見つからない。数枚あるこいつの写真をじっと眺めまわして、この長く節くれだった触角獰猛そうな顔つきを見て、カミキリムシを調べたのだが見つからず。途方にくれたのだった。しかたなく図鑑の全検索を繰り返ししまくりやっとぴったりなのを見つけた。リンゴコフキハムシ。ハムシだと。そう分かればこのぽったりとした腹の具合はハムシだ。白いのはトンボの粉吹きと同様に最初はないものらしい。だから最初は黒いという。また白い粉が取れてしまうと黒くなるのだという。この粉っていったい何であろうか????6月3日、四季の森公園にて。

|

« オオモンシロナガカメムシ@四季の森公園 | トップページ | ヒゲナガオトシブミ@道志村 »

ハムシ」カテゴリの記事

ペーパーバック」カテゴリの記事

四季の森公園」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

すごい速さで読まれるのですね。私も速読するほうですが、はるきょんさんは洋書だから驚きます。

昔何度も繰り返し聴いた歌で、また聴きなおそうと思って買ったのに違うアレンジだったりすると本当にガッカリですよね。やっぱり、あの「どった~ばった~で~んで~ん・・・」聴きたいですもんね~(笑)

投稿: bikki | 2007.06.07 22:15

今は仕方が無いので昔、自分で録音したカセットの中(それがたくさんあって整理されてなくて...)など探しておりますが、ハンドリングのなんと面倒なことか。カチャカチャ煩いし遅いし、どこまで進めたやら、B面をきいていたのかA面だったのか分からなくなるし、もう?????です。竹内まりやの新CDはいいから、昔のを出してくれぇ!

投稿: はるきょん | 2007.06.08 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオモンシロナガカメムシ@四季の森公園 | トップページ | ヒゲナガオトシブミ@道志村 »