« T.REX | トップページ | クサグモ@四季の森公園 »

2007.06.23

クロマドボタルとシロオビアワフキ@長池公園

Imgr4565
いいトンボの図鑑はないかと探していた頃、八王子市の長池公園トンボ図鑑を発行したという情報を得た。その公園のローカルなトンボを詳しく紹介しているらしい。当地からは20kmちょい離れてはいるが、トンボはほとんど同じ種が見られるのではないかと思う。400円也。欲しい。現地でしか手に入らないらしい。地図で調べてみると京王線南大沢駅から直線距離で1km。多摩ニュータウンのほぼ西の端あたりに位置する。回りをよく見てみると鶴見川源流公園から1.5kmほどしか離れていない。ならばいつかMTBで行ってやろうと思っていた。

さて、今日は昨日の雨が上がり朝から暑くなりそうであった。最近ランをしてないので体がなまってはいかんので走りたかったのだがこう暑くてはかなわんと思い、そうだ、トンボ図鑑を買いに行こう。と思い立ったのである。自転車ならば多少暑くても何とかなる。ボトルも持参できるし、風にあたるのでランよりは体感気温が下がる。ランより長時間の走行が出来るので総運動量もかなりかせげる。てなわけで久しぶりに黒王号にまたがり鶴見川源流を目指してGO。

鶴見川の土手は草が生い茂ってきており所々に通行危険箇所があった。時速20kmペースで寺家、鶴川など通過する。そして道を間違えたのである。実は二度目。図師大橋交差点で右折するはずが、そのひとつ手前の図師交差点で右折してしまったのだ。しばらく走って道を誤ったのに気がついたがこちらからでもいけるはずと思い、そのまま走った。しばらくすると多摩丘陵病院あたりから急な坂となり、それまで60分間がんばってこいできた脚がついに悲鳴をあげ始めた。ギアを最低にしようとしたとき、グリリとイヤな音がしてチェーンが外れた。あやぁ。しぶしぶ降り、後輪を後転させながらチェーンを元に戻す。だが見上げる坂を上る元気は失われてしまった。残念ながら自転車を押して残りの坂を上った。腰も痛いし、疲れた。で、ど田舎の細い道を登った先にはなんと立派な幹線道路があり、車がビュンビュン走っていた。そして、真新しいでかいビルが豊かな敷地の緑に中にそびえている。おお、ここが多摩ニュータウンか。なかなかすごいではないか。幹線道路を左折して清掃工場の温水プールや大妻女子大やらを越えしばらくなだらかな坂を上ったり降りたりするうちにやっと長池公園にたどり着いた。約1時間40分ほどたっていた。
Imgr4566
公園の北側にあるネーチャセンターに入ると早速トンボ図鑑を買い求めた。いろんな展示物があったのでしばらく見学した。なかなか充実したセンターである。さて、目的は達したのでこのまま帰ってもいいのだが、せっかく来たのだからちょっと散策してみようと思った。ただ、自転車用の短レーサーパンツにTシャツという出で立ちなので自然観察にはふさわしくない。蚊に税金取られるのも癪だし。建物を出て築池沿いに歩くと腰の黄色いコシアキトンボ風が飛んでいた。小さい。はじめて見たので和名は分からんが....いや、分かるはずと、トンボ図鑑を取り出して早速調べてみたら、なんのことはない。コシアキトンボの♀であった。撮影できないかとしばらく粘ってみたがちっともとまらないので諦めた。永久に飛び続けるつもりであろうか。エネルギー効率がすごくいいのだろうな。ヤマグワらしきの実がなっていてオレンジ色がすごくそそるので思わず食べてみたが、すごく甘くておいしい。ただ後にカスが残るのでペッペをした。もうひとつ上の長池で左に折れ、林間の小道を歩く。昆虫は見かけない。いやもしかしたら自転車に乗ってきていたので目がマクロモードになっていないので見つけられなかっただけかも。ウグイスの他に異様に声の大きい聞きなれないとりが鳴いている。たぶん、外来種なのだろう。ガビチョウかもしれない。外来種のクセしてでかい声出すんじゃないぞ。ホタルブクロが咲いていた。外は暑かったが樹下には風が入り心地よい。炭焼小屋の近くでオレンジの実のなる樹にヒメコウゾの名札がついていた。あやや、そうだったのか。
Imgr4545
作業小屋を過ぎ、田んぼの脇で飛んできた昆虫を見つけ、降りた場所にそっと行ってみると真っ黒いホタルであった。クロマドボタル。図鑑によるとせっかく発光器を持ちながら光らないという。胸に窓がふたつあるというのだがよく分からない。どこ?それ。
Imgr4555
つづいてドクダミの葉にハゴロモっぽい虫を発見。やや大きめで10mmぐらいあるか。撮影しているといきなりバチっと弾け飛んで....なんと自分の左手の甲に着地。なんという奇跡か。平たい顔の両端に離れて平たい眼。セミっぽい翅は黄土色+褐色で透明っぽい模様がふたすじほどある。脚は淡色の部分があってまだら。写真は左手の甲からくすぐったく歩いていきSEIKOパルスグラフにやっとよじ登ったところ。帰宅後、調べてみたらシロオビアワフキというらしい。泡の塊のようなものが植物についているの見たことがあるが、その中にこれの幼虫がいるという。幼虫も面白い形をしているというので今度見てみたいものだ。

そんなこんなで約1時間ほど散策し、たいした成果は無かったが、雰囲気は掴めた。四季の森とも新治とも違う雰囲気がした。普通の公園ではなく、長池公園自然館というりっぱな建物があることから、ちゃんとどこかの予算のついた運営がなされているように感じる。伐採した太い樹を切って作ったと思われる丸太椅子があちこちに置かれていてなかなか、いい感じ。
さて帰路は回り道をしないように慎重にルートをとり鶴見川源流のひと沢隣(正山寺わきを通る)に降り、後はいつものルートで帰った。帰路も1時間半ほどかかった。ただ途中で自販機休憩をしたので往路よりもだいぶ効率は良かったと思われる。ボトルの水を帽子や肩、腕、ふとももにたらして涼しくしながら走った。走行距離は約50km。タイムは合計3時間10分。シャワー後の体重は○4.5kgでここ最近無い低体重であった。長池公園はネット上に図鑑を出しているほど自然観察の盛んなところなので、近くであれば通うのだろうが、ちょっと遠い。自分は地元を大切にしたい。

|

« T.REX | トップページ | クサグモ@四季の森公園 »

その他昆虫」カテゴリの記事

その他甲虫」カテゴリの記事

サイクリング」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« T.REX | トップページ | クサグモ@四季の森公園 »